GJ > 競馬ニュース > 武豊を超えられない超一流  > 3ページ目
NEW

祝2000勝達成!武豊を超えられない超一流”手前”福永祐一伝説をここで振り返る

【この記事のキーワード】, ,

主な記録

 1996年にデビューし、年間53勝でJRA賞最多勝利新人騎手獲得。現在重賞150勝、G1レース27勝(統一G1・海外G1含む)。アメリカ(2005年 アメリカンオークス)、香港(2002・2003年クイーンエリザベス2世カップ、2001年香港マイル)、ドバイ(2014年ドバイデューティーフリー)の3か国でG1レース優勝経験を持つ唯一の日本人騎手だ。

 武豊がアメリカのG1レースを勝ったことがないことを考えれば素晴らしい実績だが、武豊が2000勝を達成したのは33歳で、福永祐一は40歳とその差は7歳。加えて武豊が40歳の4月には3200勝をあげており格の違いは歴然。福永祐一も素晴らしいがやはり超一流の武豊には遠く及ばないのが現状だ。

プライベート

 他の騎手と異なり福永祐一は芸能事務所に所属してテレビに夫婦で出演したり、某競馬サイトやスポーツ紙で連載を持つなど露出が多い。とはいえ、そこで語られないような話も少なくない。

 例えば、かつて某トレーニングスタジオのフィジカルトレーナーに「アスリートの体とは思えない」と酷評されているが、これは以前から福永祐一の体を硬いと言っていた藤田伸二元騎手や田原成貴元調教師などの証言とも一致するところ。

 また武幸四郎や若手騎手とつるんで芸能人との合コンは有名。かつてはタレントの若槻千夏、仲根かすみ、モデルの松田樹里、グラビアアイドルの森下悠里、手島優といった芸能人と噂もあったという。

 昨年もバレンタインチョコを20個ほどゲットしており、結婚してもその人気は衰えず。さらに6月には「2017年第11回ベスト・プラウド・ファーザー賞in関西」のスポーツ部門で受賞。ここら辺は所属するホリプロの影響もありそうだが…

 福永祐一も12月には41歳となる。浜中や川田といった若手の台頭、そしてルメールやデムーロの存在もあり有力馬の騎乗は減っていくばかり。その結果日本ダービーを含めビッグレースを勝つチャンスも年々減っているのが現状だ。来年こそは父が成し遂げられなかった日本ダービーの栄冠を掴んでもらいたいものだが……。

祝2000勝達成!武豊を超えられない超一流”手前”福永祐一伝説をここで振り返るのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  2. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  3. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  4. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  7. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り
  10. 永島まなみ「初重賞勝利」の裏で功労者の存在…ブレイク予感のルーキーが導き出したマーメイドSの勝ちパターン