GJ > 競馬ニュース > セイウンコウセイと松田大作
NEW

JRA松田大作「大物馬主」後押しで復活へ!? セイウンコウセイの背に再び

【この記事のキーワード】, ,
17hanshin_keiba11

 11月26日(日)に開催される芝のスプリント戦、京阪杯(G3)。このレースに今年の高松宮記念(G1)を制したセイウンコウセイ(牡4歳、美浦・上原博之厩舎)が、松田大作騎手を背に乗せて出走を予定している。

 昨年5月までは1勝馬に過ぎなかったセイウンコウセイだが、ダートから芝の短距離へ転向後、トントン拍子で条件戦を勝利。今年の初戦である1月の淀短距離S(OP)でオープン初勝利を飾り、重賞初挑戦となったシルクロードS(G3)では2着を確保してこれまでの活躍がフロックではなかったことを証明した。そして、満を持して臨んだ高松宮記念(G1)では好位から力強く抜け出し、桜花賞馬レッツゴードンキ、昨年のスプリンターズS(G1)の覇者レッドファルクスらを抑え、見事にスプリント王に輝いた。

 だがその後、躍進を期待されるも休養明けの函館スプリントS(G3)を4着で終え、続くスプリンターズS(G1)では見せ場なく11着。さらに前走のスワンS(G2)でも14着と、これまでの好調がウソのようにスランプに陥っている。

「京成杯から、今年の高松宮記念(G1)以降で主戦を務めていた幸英明騎手から松田大作騎手へ乗り替わりになりました。松田騎手は昨年から、京都競馬場で3戦して2勝、2着1回と好成績を記録し、同馬のG1制覇への道を切り開いた立役者です。再びタッグを組むことでセイウンコウセイがスランプから抜け出すきっかけをつかめればいいのですが……」(記者)

 本来ならば、高松宮記念でも松田騎手がセイウンコウセイの手綱を任されるはずだった。だが、松田騎手は今年2月、免許停止中にもかかわらず京都市内で車を運転し、無免許運転及び速度超過で京都府警に摘発。8月8日までの騎乗停止処分がJRAから下された。そのため、同レースでの騎乗は不可能になり、代わりに幸騎手に白羽の矢がたてられることとなった。

JRA松田大作「大物馬主」後押しで復活へ!? セイウンコウセイの背に再びのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?
  2. 【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲り
  3. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  4. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  5. セリフォス、ナミュールも不安?2024年マイル戦線は異常事態!マイラーズCは“安田記念を見切った格下馬”の激走に要注意!
  6. JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?
  7. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  8. JRA横山典弘「再登板」もファンの胸中は複雑!?ソダシでも主戦騎手が降板の過去…「騎乗批判疑惑」で物議醸したコンビが復活
  9. タガノエルピーダ×M.デムーロ「新タッグ」でオークスヘ!「タイトルを獲得したいものと夢見ております」悲願の初G1制覇目指す名オーナーの希望となれるか
  10. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか