GJ > 競馬ニュース > 【シンザン記念(G3)展望】
NEW

【シンザン記念(G3)展望】3歳馬にとっての大事な出世レース!?歴代の名馬たちに肩を並べるのはどの馬か?

【この記事のキーワード】, ,
【シンザン記念(G3)展望】3歳馬にとっての大事な出世レース!?歴代の名馬たちに肩を並べるのはどの馬か?の画像1

 3連休の最終日となる8日の京都競馬場では、メインレースにシンザン記念(G3)が開催される。経験の浅い3歳馬による重賞だけあって昨年も人気馬が負けており、波乱が巻き起こりやすい傾向となっている。今年はどのような結果となるだろうか。出走を予定している有力馬を紹介する。

 メンバー内で唯一の重賞ウィナーのカシアス(牡3、栗東・清水厩舎)は真価が問われるレースとなりそうだ。夏の函館でデビューを迎え、初戦は僅差での2着に敗れたものの2戦目で順当に勝ち上がった。そして、函館の2歳チャンピオンを決める世代最初の重賞である函館2歳S(G3)へコマを進めると、接戦となったレースを見事に勝ち切った。休養を挟んで挑んだ京王杯2歳S(G2)では、3番手追走から終いもしっかりと伸びてきて強敵が揃った中でも2着を確保。初めての輸送競馬でも結果を残し次につながるレースをしたかに思えた。しかし、続く朝日杯FS(G1)ではいつも通りの3番手のポジションをキープしてレースを進めていたが勝負どころの直線で伸びを欠いて7着に敗れた。この敗因が初めてのマイル戦で距離が長かったことだと考えると、今回も厳しい戦いが予想される。先のことを考えるとマイル戦へ対応できるかどうかは非常に重要なポイントとなるだけに、ここでの結果には注目したい。

 2度目のマイル戦で見直したいファストアプローチ(牡3、美浦・藤沢厩舎)はこれからの活躍が期待される逸材だ。3走前の札幌2歳S(G3)2着の成績があるように、今回のメンバー内では実績上位の存在である。ここまでの成績を見ると瞬発力に秀でたタイプとは言えないが、マイペースの競馬を出来ればマイル戦で結果を残すことも難しくないはずだ。また、直線がほとんど平坦なコースの京都競馬場に変わることで、前走のように失速することなくゴールまで走り抜けることができそう。初めてのマイル戦では結果を残せなかったが、今回は結果を残せる要素が揃っているだけに期待が高まる。

 このレースで結果を残す血統のスターリーステージ(牝3、栗東・音無厩舎)は、兄たち同様にここで結果を残せるだろうか。2014年にこのレースを制したミッキーアイルと昨年の2着馬だったタイセイスターリーの妹だけに、このレースへの適性が高い血統と言えそう。勝ち上がりまでに4戦を要しているがその能力は決して見劣りすることなく、ここまでは3着以下の成績が無いように大崩れしていない。それでも相手関係が一気に強化されるレースな上、近年の優勝馬は牡馬が多いとなれば、牝馬のこの馬には難しいレースとなるかも。優勝した過去の牝馬にはジェンティルドンナなどがいるだけに、ここを制すれば歴史に名を残す名牝になるなんてことも……。

【シンザン記念(G3)展望】3歳馬にとっての大事な出世レース!?歴代の名馬たちに肩を並べるのはどの馬か?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内