GJ > 競馬ニュース > タワーオブロンドン
NEW

NHKマイルC(G1)タワーオブロンドン「マイルOK」に不安? 1600mに弱点を残す「証拠」と一新されたゴドルフィン軍団の「今後」

NHKマイルC(G1)タワーオブロンドン「マイルOK」に不安? 1600mに弱点を残す「証拠」と一新されたゴドルフィン軍団の「今後」の画像1タワーオブロンドン(JBISサーチ公式サイトより)

 6日に東京競馬場で開催されるNHKマイルC(G1)で頭一つ抜けた人気に支持されそうなのが、アーリントンC(G3)で重賞2勝目を上げたタワーオブロンドン(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)だ。

 ここまで6戦4勝、2着3着が1回ずつと、馬券圏内から外れたことがない安定感。唯一3着に敗れた昨年の朝日杯フューチュリティS(G1)だが、前を走っていたのはダノンプレミアムとステルヴィオは3歳になっても弥生賞(G2)、スプリングS(G2)を勝つなど世代トップクラスを証明しているだけに悲観する必要はない。

 管理する藤沢和雄調教師も「道中で力んだところがあったし、直線でも前にいた馬の影響で切り返す場面があった。決してスムーズな競馬じゃなかった」と朝日杯FSに明確な敗因があったことを強調。そんな状況での3着なら、今回のメンバーではむしろ大威張りできるはずだ。『netkeiba.com』の事前予想でも、単勝2.3倍と抜けた1番人気が予想されている。

 そんな今年のNHKマイルCの大本命馬だが、唯一の死角と言えば、やはり「マイル戦への対応」ということになるだろう。無論、それは前走のアーリントンCで見せた圧巻の勝ちっぷりで、ほぼ解消されたと述べていい。

 しかし、「マイル実績」という意味では、前走が初勝利だった。主戦のC.ルメール騎手は本馬に対して「本質はスプリンター」とコメントしていたこともあり、藤沢調教師もマイル戦を戦うにあたって「リズムよく折り合えば」という注文を付けている。

 すでに各メディアでは「マイル戦問題なし」との見解が報じられ、陣営からも前向きなコメントが掲載されている。ただ、その一方で陣営に「一抹の不安」がある可能性はかなり高いといえる。何故なら”証拠”があるからだ。

NHKマイルC(G1)タワーオブロンドン「マイルOK」に不安? 1600mに弱点を残す「証拠」と一新されたゴドルフィン軍団の「今後」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  4. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  5. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃