GJ > 競馬ニュース > リリーノーブル骨折
NEW

リリーノーブル骨折……アーモンドアイ「歴史的強さ」に立ち向かった「最高レース」の代償?の声も

【この記事のキーワード】, ,
リリーノーブル骨折......アーモンドアイ「歴史的強さ」に立ち向かった「最高レース」の代償?の声もの画像1

 先日のオークス(G1)で2着に入ったリリーノーブル(牝3 栗東・藤岡厩舎)が、右前第一指骨の剥離骨折と判明した。全治3か月以上だという。

 関係者は取材に「極々軽いもので、秋競馬には間に合います」と語っていたようだが、世代の「No.2」の離脱に心配の声が多くなるのも当然だ。

 リリーノーブルはここまで阪神JF2着、桜花賞3着、オークス2着とG1ですべて馬券圏内に入る実力馬。負けた相手も衝撃的な二冠を達成したアーモンドアイと2歳女王ラッキーライラックのみであり、3歳牝馬「3強」の一角としての立場を有している。

 特に、前走オークスでの走りは圧巻だった。道中3番手につける積極策で、直線では力強く早め先頭。「勝利」を狙ったまさに乾坤一擲の走りで「例年なら」樫の女王に輝いていたはずだ。川田将雅騎手の好騎乗に十分応えた形といえるだろう。

 しかし、残念ながら今年は「別格の怪物」がいた。最高最上のレースを見せたリリーノーブルをあっさり捉えたアーモンドアイ。最後は流して2馬身の差をつけられてしまった。最高の作戦、最高のレースをした上での完敗は、あまりに残酷である。

「次は勝てるか? と聞かれれば誰もが口をつぐんでしまうようなレースでしたね。それほどまでアーモンドアイの強さが際立つ結果となってしまいました。

また、一部ではリリーノーブルが『アーモンドアイに勝つため、限界を超えた走りを見せた』とし、その反動で骨折したのではという意見も。真偽はわかりませんが、アーモンドアイに勝つにはそれくらいの走りが必要なのかもしれません。そう思わせるほどの内容でした。ただ、やはり『1強』ではつまらない。秋にまた元気な姿でアーモンドアイと激突してほしいですね」(競馬記者)

 ベストな状態で、またアーモンドアイと……。ファンの多くがそう願っているはずだ。歴史的名馬への階段を登るアーモンドアイを止める第一候補として、完全復活を願っている。

リリーノーブル骨折……アーモンドアイ「歴史的強さ」に立ち向かった「最高レース」の代償?の声ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 宝塚記念(G1)ソールオリエンスの評価真っ二つ!? 安藤勝己氏「頭打ち」VS田原成貴氏「豪脚を発揮してくれる」
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 単勝95.1倍「除外明け」超伏兵が直線で瞬間移動!? “実質デビュー戦”で見せた豪脚…牝馬ダート路線に遅れてきた大器
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは