GJ > 競馬ニュース > 「忘却」オウケンムーン
NEW

日本ダービー(G1)「忘却」オウケンムーンの一発はある? 陣営の「鼻息」荒く!?

【この記事のキーワード】, ,
日本ダービー(G1)「忘却」オウケンムーンの一発はある? 陣営の「鼻息」荒く!?の画像1

 さぁ、あと数日で日本ダービー(G1)がやってくる!

 ここまで3歳馬を追ってきて、春の大一番である日本ダービーをどの馬が勝つのか、競馬ファンは一週間悩み抜いていることだろう。ここでは巻き返しに燃えるオウケンムーン(牡3 美浦・国枝栄厩舎)を取り上げてみたい。

 前走の皐月賞(G1)は、5番人気で12着惨敗。この結果を見ると、とてもじゃないが食指が伸びない。しかしこの敗北には理由がある。まずはレースを振り返ってみたい。

 スタートは、稍重の馬場に足を取られて、行き足が付かず、最後方からの追走となった。

 さらに、バックストレッチは内側が荒れており、他の馬は外目を走っていたのだが、オウケンムーンはその荒れた内目を通って少し位置を上げていく。3コーナーからさらに位置を上げて行き、直線では大逃げの3頭を捉えるような良い伸びを見せていた。だが直線半ばで、追い込んできた後続の馬群に呑みこまれてしまい12着に終わる。1着とのタイム差は1.4秒差だった。

「確かにスタートで出遅れましたが、それはあまり問題ではないと思います。むしろバックストレッチで内側が空いていたのでそこを進んで順位を上げてしまったことで、脚を使ってしまいました。思い切って外から末脚勝負をしてもよかったかも。次が広い府中の日本ダービーであることを考えれば、それもアリだったように思います」(現場記者)

 また、国枝調教師も先週のコメントで「出負けは痛かったが、もっと工夫して乗ってほしかった」と苦言を呈していた。走ったところが内の悪い馬場で、外を回してほしかったということだろうか。

 いささかジョッキーへの苦言ばかりとなったが、今度はオウケンムーンも北村宏騎手も得意な左回りの東京。ここは前走中山の結果は無視して、変わり身は十分考えていいだろう。

日本ダービー(G1)「忘却」オウケンムーンの一発はある? 陣営の「鼻息」荒く!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着
  2. 菊花賞を前に「無念のリタイア」から約2年…イクイノックス&ドウデュース世代の「元クラシック候補」が待望の復帰!
  3. 「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
  4. C.ルメール「恒例のアレ」でリーディング争いも一休み? 酷暑予想の新潟参戦もノーザンファームがバックアップ
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. D.レーン「緊急登板」で宝塚記念に参戦濃厚! 3連勝中のパートナーにダービー馬以上の手応えも…武豊ドウデュースに「思わぬ難敵」登場か
  8. レイデオロ「期待の星」が今週末デビュー!晩成かそれとも早熟か…2年目の巻き返しへ勝負の夏
  9. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  10. C.ルメール「定位置」返り咲きは時間の問題?川田将雅を圧倒した5月の快進撃… 「コンビ4戦4勝」ジャスティンパレスと宝塚記念参戦!