GJ > 競馬ニュース > ダービー「平成ベスト5」
NEW

日本ダービー「平成ベスト5」発表! 武豊の「伝説」を抑えて1位を獲得したのは、やはりあの「快挙」

【この記事のキーワード】, ,

 今週5/27(日)に行なわれる日本ダービー(G1)。平成最後の日本ダービーとなり、どんなレースになるのかファンもホースマンたちも、ワクワクしていることだろう。

 さてここでは、平成の時代に繰り広げられた日本ダービーで「これぞ名場面」と思われるレースを5つピックアップしてみた。一味違ったラインナップと内容でご堪能していただきたいと思う。

平成ダービー第1位 ウオッカ、64年ぶりの牝馬制覇達成

日本ダービー「平成ベスト5」発表! 武豊の「伝説」を抑えて1位を獲得したのは、やはりあの「快挙」の画像1

「牝馬のわりに馬体が大きい」が入厩前から評判が高かったウオッカ。入厩後、デビュー前でありながら、併せ馬でオープン馬に食い下がり煽っていた。これを見て陣営はすぐにクラシック登録を行ない、ダービーにも登録をしたという。

 2006年、男勝りの牝馬のデビュー戦は、鮫島克也騎手が跨り、ハナを切って逃げ切り勝ち。2着との着差は3馬身1/2差。

「あの時のウオッカは、他馬スピードが違いすぎるために、逃げざるを得なかったという話でしたよ。やはりモノが違ったんですね」(競馬記者)

 2007年、ウォッカは5戦4勝2着1回の良績で桜花賞を迎える。だが、チューリップ賞で破ったダイワスカーレットに道中脚を使わされて、1馬身1/2差で返討ちに遭う。

「普通であればダービーを諦めオークスに向かうところですよね。谷水雄三オーナーもガックリきてました。しかし角居調教師は、むしろ厳しいレースを経験できたと前向きに捉えていましたね」(同記者)

 そして、陣営は日本ダービーに向かうことを決断する。

 ダービー当日、ウォッカの単勝人気は3番人気であった。スタートすると四位騎手は中団の後方で追走していく。遅い流れに反応し四位騎手は3コーナーから少しずつ前に進出。直線を向いたところ、馬場の真ん中を走って抜け出す。前を行くアサクサキングスを交わし3馬身差をつけてゴール!前残りの流れを差し切る強い競馬だった。

日本ダービー「平成ベスト5」発表! 武豊の「伝説」を抑えて1位を獲得したのは、やはりあの「快挙」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着
  2. 菊花賞を前に「無念のリタイア」から約2年…イクイノックス&ドウデュース世代の「元クラシック候補」が待望の復帰!
  3. 「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
  4. C.ルメール「恒例のアレ」でリーディング争いも一休み? 酷暑予想の新潟参戦もノーザンファームがバックアップ
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. D.レーン「緊急登板」で宝塚記念に参戦濃厚! 3連勝中のパートナーにダービー馬以上の手応えも…武豊ドウデュースに「思わぬ難敵」登場か
  8. レイデオロ「期待の星」が今週末デビュー!晩成かそれとも早熟か…2年目の巻き返しへ勝負の夏
  9. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  10. C.ルメール「定位置」返り咲きは時間の問題?川田将雅を圧倒した5月の快進撃… 「コンビ4戦4勝」ジャスティンパレスと宝塚記念参戦!