GJ > 競馬ニュース > 「栗東関係者絶賛」穴馬
NEW

日本ダービー(G1)「栗東関係者絶賛」穴馬2頭に注意!? 「ダービーでこそ」の激走候補をチェック

【この記事のキーワード】, ,
日本ダービー(G1)「栗東関係者絶賛」穴馬2頭に注意!? 「ダービーでこそ」の激走候補をチェックの画像1

 27日(日)に行なわれ日本ダービー(G1)。関西の栗東では、各陣営とも出走馬の馬体調整がいつも以上に行なわれており、通常よりも多くの競馬関係者が詰めかける賑やかな雰囲気と、厩舎関係者のダービーらしい”ピリピリ”ムードが交錯している状況である。

 そんな中、栗東の関係者から心強い情報が2つ入ってきたのでご紹介しよう。

 まずは、ステイフーリッシュ(牡3 栗東・矢作芳人厩舎)だ。

「立て直した京都新聞杯が見事な勝利でした。藤田助手は『じつは、共同通信杯は中谷騎手が攻めすぎたことでテンションが上がって馬体減。敗因ははっきりしているので気にしていません。今回は中2週になるので、余裕をもって東京へ持っていくつもり。今のところ良い感じだし、あとは輸送してどうかだね。鞍上が決まる前から横山典弘騎手とは合いそうだと思っていたし、お母さんにも乗っていたのでいい感触を抱いていたね』と密かに一発を狙っている様子でした」(競馬記者)

 母のカウアイレーンは、クラシックとは縁が無かったが、横山典騎手が騎乗し後ろから差す競馬を覚えてから、500万からオープンまでスンナリとのぼり詰めたという経緯がある。

 横山典騎手がステイフーリッシュを手の内に入れるのが容易いならば、大仕事をやってのけてもおかしくはない。

日本ダービー(G1)「栗東関係者絶賛」穴馬2頭に注意!? 「ダービーでこそ」の激走候補をチェックのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着
  2. 菊花賞を前に「無念のリタイア」から約2年…イクイノックス&ドウデュース世代の「元クラシック候補」が待望の復帰!
  3. 「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
  4. C.ルメール「恒例のアレ」でリーディング争いも一休み? 酷暑予想の新潟参戦もノーザンファームがバックアップ
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. D.レーン「緊急登板」で宝塚記念に参戦濃厚! 3連勝中のパートナーにダービー馬以上の手応えも…武豊ドウデュースに「思わぬ難敵」登場か
  8. レイデオロ「期待の星」が今週末デビュー!晩成かそれとも早熟か…2年目の巻き返しへ勝負の夏
  9. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  10. C.ルメール「定位置」返り咲きは時間の問題?川田将雅を圧倒した5月の快進撃… 「コンビ4戦4勝」ジャスティンパレスと宝塚記念参戦!