GJ > 競馬ニュース > 「不運」ゴーフォザサミット
NEW

JRA藤沢和雄調教師「不運」ゴーフォザサミット米国遠征断念……しかし「秋は逆に買い」?

【この記事のキーワード】, ,
JRA藤沢和雄調教師「不運」ゴーフォザサミット米国遠征断念......しかし「秋は逆に買い」?の画像1

 断念、無念!

 米ベルモントダービー招待S(米G1)に出走するため調整を進められてきたゴーフォザサミット(牡3 美浦・藤沢和雄厩舎)が「急遽遠征中止になった」と厩舎サイドから発表されたのだ。理由は「貨物機のトラブル」だという。

「貨物機の整備不良で、19日の夜に『欠航が決まった』と陣営に連絡が入ったそうです。日本ではこの1機しかなく、他で輸送するとなると韓国経由になるため、馬への負担を考慮し、諦めたようですね」(競馬誌ライター)

 米国G1に挑戦することになっていたゴーフォザサミットは、今年の日本のクラシック戦線で活躍。ダービートライアルの青葉賞(G2)を2分24秒4という好タイムで優勝。しかし、日本ダービー(G1)は7着と不完全燃焼に終わっていた。

 ところが陣営は、米国から思わぬ招待を受けることとなる。7/7に行われるベルモントダービー招待Sへの出走であった。芝2000mの競走で、賞金総額125万ドル。日本円にして約1億750万円。

 昨年はハーツクライ産駒で日本産馬のヨシダが出走して5着。2012年にも、ベルモントダービー招待Sの前身のジャマイカハンデキャップ(この時は芝1800m)というレースにハットトリック産駒で米国産馬のキングデヴィッドが出走し優勝している。

 今回招待を受けたことから、厩舎サイドとオーナーサイドが前向きに検討を重ねて、6/7に正式に招待を受諾。出走することを藤沢和調教師が発表した。調整していた茨城県のミホ分場からゴーフォザサミットを帰厩させて、6月下旬に検疫を行なう予定だった。

JRA藤沢和雄調教師「不運」ゴーフォザサミット米国遠征断念……しかし「秋は逆に買い」?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【クイーンS】ボンドガール武豊は「仲間外れ」の孤軍奮闘!? 「休み明け」C.ルメールは新潟ではなく札幌参戦
  2. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 武豊「マジック炸裂」も次走で鞍上問題発生!? 一撃“5億円”獲得「世代ナンバーワン牡馬」が参戦予定
  4. 重賞勝ち馬で「伝説」に匹敵のセントライト記念!? アルナシーム優勝で朝日杯が話題も…休養中の実力馬が秋の復帰に準備着々
  5. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  6. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  7. JRA「暑熱対策」に関係者からブーイング続出!?朝帰り避けられぬ可能性も…「遅過ぎる最終レース」に現場は戦々恐々
  8. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  9. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  10. 【クイーンS】藤田伸二を背に初重賞制覇を飾った「名牝」、今年の狙い目は武豊騎乗「恵量」の3歳馬?【東大式必勝馬券予想】