GJ > 競馬ニュース > 宝塚記念「3点」勝負!
NEW

宝塚記念(G1)「3点」勝負は「サトノダイヤモンド」不要! 関係者ゴリ押し勝負馬で「好配当」狙い!!

【この記事のキーワード】, ,

「現場情報至上主義・ジェームスT」が挑んだ先週の2重賞は、馬連1点の合計「2点」勝負。ユニコーンS(G3)は関係者情報から指名した◎ルヴァンスレーヴと○グレートタイムでズバリ「1点」的中! 先々週のエプソムC(G3)から2週連続で的中を掴むことに成功した。

 函館SS(G3)は惜しくも○セイウンコウセイ1着◎ナックビーナス3着となってしまったが、今後に繋がる結果だったと言えるだろう。この調子で上半期を気持ちよく締めたいところ。今週の大勝負は、24日(日)に開催される宝塚記念(G1)だ。

 やはり注目はファン投票1位サトノダイヤモンドだろう。もちろん実績は申し分なく、競馬界を盛り上げる意味でも彼の復活は期待したいところだが……。「状態面にまだ不安あり」との情報を入手。実力上位であることは間違いないが、ここは「旨味ある配当」を掴むために「切り」と判断した。

 仕入れた「極秘ネタ」から選んだ渾身の勝負馬で「3点」勝負を決行しようと思う。

 本命「◎」に選んだのは昨年の菊花賞馬キセキ(牡4歳、栗東・角居勝彦厩舎)だ。

宝塚記念(G1)「3点」勝負は「サトノダイヤモンド」不要! 関係者ゴリ押し勝負馬で「好配当」狙い!!の画像1

 昨年9月の神戸新聞杯(G2)は、ダービー馬レイデオロなど同世代の強豪を相手に互角の競馬を展開。確かな成長を感じさせた。

 続く菊花賞は史上稀に見る極悪馬場となったが、苦にする様子もなく力強い走りを披露する。残り100mで一気に抜け出し、後続へ2馬身差を付けてゴール。見事にクラシック最後の1冠を奪取した。

 その後は連続で9着と大敗を喫しているが、香港ヴァーズ(G1)は左前脚に皮膚病が見つかるなどのアクシデントが影響していることは明白。今年の始動戦となった日経賞(G2)は、本来の競馬ができない展開だったと考えれば悲観する必要はない。ココでの巻き返しは十分にあるだろう。

「陣営の復活に懸ける意気込みは相当だね。最近の走りを見て放牧させた効果は抜群。『リフレッシュさせたことにより馬に余裕が出た』と陣営は手応えを掴んでいる。近2走とは明らかに状態が違うね。折り合いに不安がある馬だけど、陣営が気にしている様子はない。追い切りで攻めていたのも耐えられると確信していたからのようで『当日までにもっと良くなる』と自信を覗かせているよ。

この馬の心肺機能の高さは厩舎関係者だけではなく、ミルコ(M.デムーロ騎手)も絶賛しているからね。万全な状態であれば当然の主役だろう。陣営が本気で獲りに来ている印象のココは買わない理由がないね」(競馬関係者)

宝塚記念(G1)「3点」勝負は「サトノダイヤモンド」不要! 関係者ゴリ押し勝負馬で「好配当」狙い!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  2. ダノンデサイルにも先着した「実力馬」が5馬身差の圧逃劇!シンガリ惨敗から一気の変わり身で見えた菊花賞への道
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 安藤勝己氏も称賛「展開の読み」ズバリ!岩田康誠、半年ぶり重賞Vに“控えめ”ガッツポーズ…函館記念(G3)圧勝劇に「もっと大きい舞台に行ける」
  5. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  6. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  7. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  8. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  9. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは