GJ > 競馬ニュース > 宝塚記念、大波乱?
NEW

JRA宝塚記念、大波乱必至?サトノダイヤモンドとキセキに危険信号!?

【この記事のキーワード】, ,
JRA宝塚記念、大波乱になるように「仕組まれている」?人気馬にことごとく不安情報が浮上の画像1宝塚記念の有力馬に危険信号?

 今週末はいよいよJRA(日本中央競馬会)の上半期を締めくくるグランプリの宝塚記念が開催される。18日に発生した大阪北部地震では、栗東トレーニングセンターでも震度4の揺れを計測したが、特に大きな問題はなく、宝塚記念も予定通り開催されるという。その宝塚記念は、”荒れる”というのが大半の見方となっている。

 過去10年で1番人気馬は、オルフェーヴルとゴールドシップの2勝のみ。昨年はキタサンブラック、一昨年はドゥラメンテが1番人気だったが、いずれも敗退している。過去5年の3連単平均配当は約1800倍だから、穴党にはもってこいのレースといえるだろう。

 今年の宝塚記念のカギを握るのは、クリストフ・ルメール騎手が手綱を取る有馬記念馬・サトノダイヤモンド、ミルコ・デムーロ騎手が鞍上の菊花賞馬・キセキ、昨年の覇者・サトノクラウン、ドバイ帰りのヴィブロス、武豊騎手が騎乗するダンビュライトといった実績馬の取捨選択だ。

 サトノダイヤモンドとヴィブロスは昨年3月以降未勝利で、サトノクラウンも昨年の宝塚記念以降未勝利だ。また、キセキは昨年の菊花賞以降は2戦して9着が2回と、結果を出せていない。そして武豊騎手は騎乗停止処分を受けて5月12日に復帰して以降、わずか2勝しかあげていない。いかに実績があっても、こういった馬たちが人気を集める状況がいかに危険か、そしてどれだけ波乱含みなのかは言うまでもないだろう。

 このように予想が難解な宝塚記念を的中させるのに必要なのは、やはり確かな情報とそれを分析する万全の態勢だろう。特に、宝塚記念だけでなく夏競馬もしっかり馬券で稼ぎたいと考えるのであれば、なおさらだ。

 そこでおススメしたいのが、創業21年の歴史を持つ競馬関係者集団「競馬セブン」だ。競馬セブンは、あらゆる宝塚記念情報を独占しているという。さらに、夏競馬に向けても万全の態勢を敷いているとのこと。その内情について話を聞くと、意外な事実が判明した。これは宝塚記念を揺るがすほど衝撃的な情報である。

「今年の宝塚記念は波乱になるでしょう。スワーヴリチャード、シュヴァルグラン、レイデオロ、アルアイン、アーモンドアイなどの有力馬は出走せず、ファン投票10位以内で出走するのはサトノダイヤモンド、キセキ、サトノクラウンの3頭のみです。

 今年の出走馬に関する情報を一部公開します。

JRA宝塚記念、大波乱必至?サトノダイヤモンドとキセキに危険信号!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  5. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  9. 宝塚記念(G1)前にドウデュース主戦・武豊が絶好調! メインレース勝利を含む「パーフェクト連対」、2歳新馬は「6馬身差」の圧勝劇
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは