GJ > 競馬ニュース > 【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】
NEW

【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】菊花賞、秋の飛躍へフィエールマンら豪華布陣登場! 伝統の混戦を制するのは

【この記事のキーワード】, ,
【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】菊花賞、秋の飛躍へフィエールマンら豪華布陣登場! 伝統の混戦を制するのはの画像1

 夏の福島競馬の開幕週である7月1日(日)メインレースは3歳馬によるハンデ重賞のラジオNIKKEI賞(G3)。かつては「残念ダービー」などと言われたこともあったようだが、近年はデビューの遅れた素質馬やクラシックへの出走が叶わなかった実績馬の対決するレースとして福島の夏競馬を大いに盛り上げている。そんなレースへ出走を予定している注目馬を紹介する。

 2戦2勝と負けなしのフィエールマン(牡3、美浦・手塚厩舎)は無傷の3連勝での重賞制覇を目指す。デビュー戦となった東京競馬場のレースではスタートで多少遅れるも徐々にポジションを上げると2番手追走の形となり、レース自体はスローペースの瞬発力勝負。逃げた馬がしぶとく粘り、後方からは末脚を伸ばしてくる馬達がいるという状況の中で、きっちりと勝利した。着差はクビ差だったがギリギリまで追い出していなかったことを考えれば、まだまだ余裕を残していたデビュー戦。前走の山藤賞(500万下)でもスタートで遅れてしまったが、追走に苦労することなく4コーナー付近で好位に進出。スピード能力の違いを見せると、直線に入ってもその脚色は衰えることなく2着馬に0.4秒差を着けての大楽勝。まだ2戦ではあるもののレース内容では他馬を圧倒しており、秋の主役の座を狙う上では重要なレースとなる。

 日本ダービー(G1)への出走は逃したケイティクレバー(牡3、栗東・杉山厩舎)だが再びクラシックへ向かうためにも結果が必要なレースだ。今年の出走予定メンバーでは唯一のクラシック出走馬だが、出走した皐月賞(G1)は11着、前走の京都新聞杯(G2)でも9着と苦戦が続いている。それでも、すみれS(OP)2着や若葉S(OP)1着の成績があるように、マイペースで逃げることができた際にはしっかりと結果を残している。開幕週の福島競馬場の先行馬が有利となることが多い馬場を活かすことができれば、上位争いも十分に可能だろう。トップハンデの56㎏は気になるが、昨年の京都2歳S(G3)でも3着の成績があり、実績面からも侮ることはできないはずだ。

 イェッツト(牡3、美浦・金成厩舎)はここでの活躍次第では秋での台頭もあり得る。3走前の京成杯(G3)では皐月賞(G1)3着馬のジェネラーレウーノから0.2秒差の3着、前走のプリンシパルS(OP)でも日本ダービー(G1)3着馬のコズミックフォースにタイム差なしの3着と、あと一歩のところで大舞台での出走を逃し続けた。クラシックに出走しても通用するだけの能力があることを感じさせる素質馬だ。クラシックでの好走馬相手に差のない競馬をしてきた実力を発揮すれば、ここでの重賞制覇があっても驚くことではないだろう。

【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】菊花賞、秋の飛躍へフィエールマンら豪華布陣登場! 伝統の混戦を制するのはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  5. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  9. 宝塚記念(G1)前にドウデュース主戦・武豊が絶好調! メインレース勝利を含む「パーフェクト連対」、2歳新馬は「6馬身差」の圧勝劇
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは