GJ > 競馬ニュース > エタリオウ×デムーロ
NEW

JRA「ダービー大激走」アノ馬にデムーロ白羽の矢……菊花賞に向け、豪華トライアルに挑む

【この記事のキーワード】, ,
JRA「ダービー大激走」アノ馬にデムーロ白羽の矢......菊花賞に向け、豪華トライアルに挑むの画像1

 9月23日に開催される菊花賞トライアル・神戸新聞杯(G2)に、今年の日本ダービー(G1)で4着と奮闘したエタリオウ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が参戦する。鞍上はM.デムーロ騎手が務める予定だという。

 エタリオウは青葉賞(G2)で2着に入線し、ダービーへの優先出場権を獲得。ダービーでは13番人気と支持を得られなかったエタリオウだが、レースでは後方グループで脚をためると最後の直線で馬群をかき分けるかのように進出。上がり2位の33.5秒の末脚で先頭集団に襲いかかり、勝ち馬ワグネリアンとは0.2秒差、また3着のコズミックフォースとはタイム差ナシのハナ差の4着と健闘。誰もが予想しない走りを見せてくれた。

「エタリオウはこれまで7走して、そのうち芝2400mのレースには4回も出走しています。管理する友道調教師も早くからエタリオウの菊花賞参戦を視野に入れていたようですし、陣営は同馬に中距離から長距離をこなすことができる適性があると考えているのでしょう。神戸新聞杯を経て、最後の1冠を目指すのは当初からの予定通りなのではないでしょうか。

 また鞍上がH.ボウマン騎手からデムーロ騎手に変更となりましたが、デムーロ騎手は昨年の菊花賞をキセキで制するなど長距離重賞でも実績は十分。このタッグは注目を集めるのは間違いないです」(競馬誌ライター)

 菊を見据えつつ神戸新聞杯で始動することを決めたエタリオウ。9月末に開催されるこのレースは、春のクラシックを走った若駒たちが秋の始動戦に持ってくることも多い。そのため、今年も素質馬がズラリと顔をそろえると見られている。

JRA「ダービー大激走」アノ馬にデムーロ白羽の矢……菊花賞に向け、豪華トライアルに挑むのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス