GJ > 競馬ニュース > 超良血馬が5馬身差圧勝
NEW

JRA「2億3000万円」の超良血馬が5馬身差圧勝! 横綱・カテドラルとの再戦へ「伝説の新馬戦」第2章が開幕……!!

【この記事のキーワード】,
JRA「2億3000万円」の超良血馬が5馬身差圧勝! 横綱・カテドラルとの再戦へ「伝説の新馬戦」第2章が開幕......!!の画像1

「強かったですね!」

 超良血馬の圧勝劇にM.デムーロ騎手の声も弾んだ。23日に阪神競馬場で行われた未勝利戦(芝1800m)に”2億円ホース”トーセンカンビーナ(牡2歳、栗東・中竹和也厩舎)が登場。2着馬に5馬身差をつける圧勝劇で、初白星を飾った。

 8頭立てで行われたレースで、トーセンカンビーナはゲートでやや立ち遅れたものの、デムーロ騎手が即座に促して中団へ。60.8秒で1000m通過を通過すると、外から抑え切れんばかりの手応えで先頭集団に並び掛け、最後の直線を迎えた。

 他馬とは次元の違う、圧倒的な手応え……この時点で「勝負あり」といったところだが、あとはトーセンカンビーナの独壇場だった。ほぼ馬なりのまま先頭に立つと、あっという間に後続を突き放し、最後は5馬身差をつけてゴール。2着ホウオウライジンに騎乗していた川田将雅騎手も「今日は勝ち馬が強かった」と脱帽する他なかった。

「道中も楽に進めることができました」

 一昨年のセレクトセールにおいて2億3000万円で取引された超良血馬。デビュー前から角居勝彦調教師(後に中竹厩舎へ転厩)をもってして「こういう馬をクラシックに連れて行かない調教師は、ダメな調教師ですね」と言わしめた逸材だ。

「素晴らしい身体、血統も血統ですし、素晴らしい馬だなと。身体の線は幼い感じを残したままなんですけど、レベルの高い馬と併せ馬をしても遅れません。素質は高いものを持っていると思いますね」

 そう絶賛されて挑んだデビュー戦は、昨年ワグネリアンがデビュー勝ちした中京・芝2000m。昨年のセレクトセールで2億7000万円を記録したダノンチェイサーや、ヴィクトリアマイルを連覇したヴィルシーナの初仔ブラヴァスなども出走した評判馬揃いの一戦だったが、カテドラルの2着に敗れた。

JRA「2億3000万円」の超良血馬が5馬身差圧勝! 横綱・カテドラルとの再戦へ「伝説の新馬戦」第2章が開幕……!!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. ブローザホーン「牡馬初」古馬でG1制覇! 人気種牡馬の「早熟」イメージ完全払拭へ
  4. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  5. 武豊×福永祐一厩舎、C.ルメール×木村哲也厩舎の期待馬が「直前回避」…競走馬が無事にデビュー戦までこぎ着けることの難しさ
  6. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  7. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  8. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは