GJ > 競馬ニュース > 天皇賞・秋(G1)「4点」勝負!
NEW

天皇賞・秋(G1)スワーヴリチャードで「三連単4点」勝負!「有力情報」から低リスク「好配当」狙い!!

【この記事のキーワード】, ,

 今週「現場情報至上主義・ジェームスT」が挑むのは、28日(日)に開催される天皇賞・秋(G1)だ。

 今年は日本を代表する中距離馬が集結。非常に見応えのあるレースとなっている。注目したいのは昨年のダービー馬レイデオロだ。前走オールカマー(G2)でダービー以来の勝ち星を上げることに成功。勢いに乗っていることは間違いないだろう。

 1週前追い切りでアクシデントが起こるなど、状態面は心配されたが「全く影響はない」「期待できそう」と陣営が語るように調整は順調のようだ。鞍上のC.ルメール騎手も重賞4連勝中と絶好調。人気に応えられる可能性は高そうだが……。

 レイデオロを上回る「強力な情報」が出ている馬を最優先。仕入れた「有力ネタ」から渾身の三連単「4点」勝負を決行したいと思う。

 本命「◎」に選んだのは、現役最強との呼び声高いスワーヴリチャード(牡4、栗東・庄野靖志厩舎)だ。

天皇賞・秋(G1)スワーヴリチャードで「三連単4点」勝負!「有力情報」から低リスク「好配当」狙い!!の画像1

 4月の大阪杯(G1)を制し古馬の頂点に立った本馬。古馬王道路線の中心に躍り出た強者が、今回も主役候補筆頭であることは間違いないだろう。

 東京コースは[2.2.1.0]と馬券圏内100%。相性が抜群な点も大きなポイントだ。使ったレースも共同通信杯(G3)、アルゼンチン共和国杯(G2)、日本ダービー(G1)、安田記念(G1)と申し分ない。仕上がりも上々と、2度目のG1制覇へ向け視界良好という印象だ。

「前走は負けてしまったけど初のマイル戦だったしね。陣営も『いい走りを見せてくれた』と前向きに捉えている。むしろ『この経験が今回に生かされる』とココへの意気込みは十分だよ。

仕上がりも万全だね。9月に帰厩した時は体に緩さがあったけど、順調に調教を重ねて確実に良くなってきた。休み明けでも全く問題はなさそうだ。まだゲートの出に不安定な部分は残っているけど『頭数が少ないのは良かった』『包まれずに好位で運べれば』と陣営に不安は感じられない。買わない理由はないよ」(競馬関係者)

天皇賞・秋(G1)スワーヴリチャードで「三連単4点」勝負!「有力情報」から低リスク「好配当」狙い!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス