GJ > 競馬ニュース > 「新2歳G1」は東スポ杯!?
NEW

JRA「新2歳G1」は東京スポーツ杯2歳S!?「13年連続」G1馬輩出中の”最強出世レース”に今年も超大物続々……

【この記事のキーワード】, ,
JRA「新2歳G1」は東京スポーツ杯2歳S!?「13年連続」G1馬輩出中の最強出世レースに今年も超大物続々......の画像1ワグネリアンもこの出世レースを使った

 17日に東京競馬場で開催される東京スポーツ杯2歳S(G3)へ、今年も将来が嘱望される素質馬が続々と集まっているようだ。 

 昨年は、後のダービー馬ワグネリアンが重賞初制覇を飾った東京スポーツ杯2歳S。レースの格的には近年、充実化が図られてきた2歳重賞路線の中でのG3の1つに過ぎないが、その実は”ある意味”で年末に行われる朝日杯フューチュリティS(G1)や、G1昇格を果たしたホープフルS(G1)といった「2歳王者決定戦よりも重要視されている」と述べても過言ではない。

 下記に、過去10年の東京スポーツ杯2歳Sを勝った馬をまとめてみた。

JRA「新2歳G1」は東京スポーツ杯2歳S!?「13年連続」G1馬輩出中の最強出世レースに今年も超大物続々......の画像2

 上記を見れば、東京スポーツ杯2歳Sが2歳戦最大の「出世レース」であることは、誰の目にも明らかだ。いや、G3という括りで考えれば3歳戦や古馬戦も含めた「日本一の出世レース」と述べても言い過ぎではないはずだ。

 ちなみに、勝ち馬にG1勝ちのない2015年には後に天皇賞・春(G1)を勝つレインボーライン、2012年にはNHKマイルC(G1)の勝ち馬マイネルホウオウが出走しているのだから、近年は毎年G1馬を輩出していることになる。乱暴な言い方をすれば、ここを勝ちさえすれば将来は約束されたも同然というわけだ。

JRA「新2歳G1」は東京スポーツ杯2歳S!?「13年連続」G1馬輩出中の”最強出世レース”に今年も超大物続々……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  5. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  8. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  9. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  10. NHKマイルCに「史上最高メンバー」集結!? 2歳女王アスコリピチェーノVS2歳王者ジャンタルマンタルに加え「あの大物」参戦も…役割を終えたマル外ダービーに脚光