GJ > 競馬ニュース > 「武豊とデムルメは同じ」  > 2ページ目
NEW

JRA理事長「外国人10週連続G1勝利」報道に苦言。「武豊とデムルメは同じ」発言に見る改革の「歪み」とファンとの「温度差」

【この記事のキーワード】, ,

JRA理事長「外国人10週連続G1勝利」報道に苦言。「武豊とデムルメは同じ」発言に見る改革の「歪み」とファンとの「温度差」の画像2

「昨秋も様々なニュースがあった競馬界ですが、G1連続開催の中で最も報じられたのが、外国人騎手の活躍だったと思います。外国人騎手『○週連続G1勝利』という風に、記録が継続すれば毎週のように各メディアで報じられ、それが結局10月の秋華賞から12月の有馬記念の前週まで続いたわけですから、多くの人の印象に残ったのは間違いないかと。

ただ、そうなると『日本人騎手は弱い』という風潮が生まれるのは当然。後藤理事長もその辺りを気にしての発言だと思います。

確かに外国人騎手による10週連続のG1勝利は、JRA騎手のルメール騎手とデムーロ騎手、そして短期免許で来日した外国人騎手とがバトンを繋いだ結果。厳密に述べれば、彼らを一括りに『外国人騎手とするのはどうか』という意見はわかります。

ただ、多くの競馬ファンやメディアからすれば”判官びいき”ではありませんが、やはり武豊騎手や福永祐一騎手を始めとした日本人騎手に活躍してほしいと思ってしまうもの。特にG1でしか馬券を買わないようなライト層からすれば、なおさらルメール騎手とデムーロ騎手も外国人騎手という括りになってしまうと思いますよ」(競馬記者)

 ただ、昨秋の「外国人10週連続G1勝利」は、ここ数年JRAが行った「改革」が生んだ結果という見方もできるようだ。

「外国人騎手にJRAの通年免許を開放して、ルメール騎手とデムーロ騎手が合格したのが2015年。そして、短期免許のハードルを上げたことでリーディングを争うようなトップジョッキーしか来日しなくなったのが2017年から。

いずれも後藤理事長が理事長に就任してから決まったことで、昨秋の外国人騎手旋風は、いわば改革が生んだ”歪み”の1つという意見もあります。

JRA理事長「外国人10週連続G1勝利」報道に苦言。「武豊とデムルメは同じ」発言に見る改革の「歪み」とファンとの「温度差」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  3. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  4. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  8. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  9. 【日本ダービー】ジャスティンミラノ「7枠15番」は勝利のフラグ!? 優勝馬は馬連払戻が次走で「100分の1」…戸崎圭太の援護射撃となるか
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”