GJ > 競馬ニュース > 「35連敗中」名門
NEW

JRA重賞「35連敗中」名門・石坂正厩舎が意地の極限仕上げ!? シンザン記念(G3)ドナウデルタ「超ハード追い」で自己ベスト大幅更新も……

【この記事のキーワード】, ,
JRA重賞「35連敗中」名門・石坂正厩舎が意地の極限仕上げ!? シンザン記念(G3)ドナウデルタ「超ハード追い」で自己ベスト大幅更新も......の画像1

 出世レースに、今年もロードカナロア牝馬が挑戦する。6日に京都競馬場で行われるシンザン記念(G3)は昨年、アーモンドアイが重賞初制覇を飾り、牝馬三冠の足掛かりにしたレースだ。今年は2012年の三冠牝馬ジェンティルドンナの姪にあたるドナウデルタ(牝3歳、栗東・石坂正厩舎)に注目が集まっている。

 第2のジェンティルドンナ、そしてアーモンドアイに続けるだろうか。ここまで粗削りながら大物感のある走りを見せるドナウデルタだが、陣営が「走り方がわかってきた」と評価しているように、ここに来ていよいよ本格化の兆しが見えてきた。

 明確な「進化」を示したのが3日に行われた最終追い切りだ。栗東の坂路で併せ馬を行ったドナウデルタは一杯に追われて4ハロン52.0秒、ラスト12.2秒と自己ベストを1.1秒も更新。併せ馬を5馬身置き去りにした。見守った陣営も「重賞を出すのに恥ずかしくない出来」と仕上がりに自信を見せている。

「前走のデイリー杯2歳S(G2)で敗れた後、阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)をパスして放牧に入ったことが正解だったようですね。関係者も『この休養で馬体がめちゃくちゃ良くなってきた』『中身が変わってきた』と絶賛しています。

もともと叔母に三冠牝馬ジェンティルドンナがいる良血馬。父が昨年の勝ち馬アーモンドアイや、ホープフルS(G1)を勝ったサートゥルナーリアなどでブレイク中のロードカナロアですし、『大変身』があってもおかしくない馬ですよ」(競馬記者)

 少し気の早い話になるが、このシンザン記念は牝馬にとって「出世レース」として知られている。

JRA重賞「35連敗中」名門・石坂正厩舎が意地の極限仕上げ!? シンザン記念(G3)ドナウデルタ「超ハード追い」で自己ベスト大幅更新も……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 新種牡馬サートゥルナーリア産駒「超大物候補」がいきなりデビュー!?「名牝シーザリオ伝説」新章へ…注目2歳馬ピックアップ
  2. JRA「3歳賞金王」はジャンタルマンタル、ジャスティンミラノにあらず!? 日本不在の“裏”賞金王の存在と、新種牡馬サートゥルナーリアが1強にならない異変
  3. オークス「本命」は去年から決めてました! キャプテン渡辺「大穴はこれだ!!」神の馬券術による極選穴馬【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  5. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  7. 【オークス(G1)予想】ステレンボッシュから魂の6点勝負! 5年連続10番人気以下が激走レースで「極上穴馬」指名
  8. 【日本ダービー】武豊「35回目挑戦」で初のコンビ継続! シンボリクリスエスとも意外な接点…「連対率100%」はシュガークンに追い風か
  9. J.モレイラ「短期免許」条件クリアに暗雲…「スムーズな競馬ができなかった」マスクトディーヴァで痛恨の取りこぼし、残るチャンスはあと「2回」
  10. オークス(G1)は左回りの連対率100%のあの娘から! 気になる“特製もんじゃ”と前走・桜花賞組?【UMAJOモモのオイシイ競馬】