GJ > 競馬ニュース > 藤沢和雄調教師 武豊騎手からの“非情”宣告とは...
NEW

JRA「秋かよ――」藤沢和雄調教師が今でも忘れない武豊の“非情”宣告……15年も「回り道」させられたダービートレーナーの称号

【この記事のキーワード】, ,

JRA「秋かよ――」藤沢和雄調教師が今でも忘れない武豊騎手の非情宣告……15年も「回り道」させられたダービートレーナーの称号の画像1

 最強女王アーモンドアイこそG1・9勝の伝説を残してターフを去ったものの、無敗の三冠を成し遂げたコントレイル、デアリングタクトを始め、新女王グランアレグリア、春秋グランプリ制覇のクロノジェネシス、白毛馬のソダシなど、2020年は数多くの印象的な名馬が誕生した一年だった。

 その一方、G1を3勝して三冠馬ナリタブライアンの兄としても知られるビワハヤヒデ、1996年の年度代表馬サクラローレル、数多くの名ステイヤーを輩出したダンスインザダーク、マイル王ハットトリック、女傑スイープトウショウなど、かつてターフを彩った名優たちが他界……。訃報が届くたびに、多くの競馬ファンから嘆きや思い出話がネット上を賑わせた。

 中でも、現在の競馬に最も影響を与えている1頭といえば、有馬記念(G1)を連覇したシンボリクリスエス(没21歳)ではないだろうか。

 今年、デアリングタクトが牝馬三冠を成し遂げたことで、種牡馬としての地位を確立したエピファネイアは本馬の産駒であり、その血は脈々と受け継がれつつある。また障害界の絶対王者オジュウチョウサンの母父であり、年末の有馬記念に出走したオーソリティの母父としても存在感を見せてくれた。

 そして、何よりシンボリクリスエスは歴史的名伯楽となる藤沢和雄調教師に、大きな影響と“財産”を残した名馬としても知られている。

「いろいろ勉強させてもらった馬です」

 シンボリクリスエスが藤沢厩舎の管理馬としてデビューした2001年、90年代に猛威を振るった外国産馬、いわゆるマル外全盛の時代は終わろうとしていた。米国の二冠馬サンデーサイレンスが種牡馬として導入され、日本産馬の質は劇的に向上。シンボリクリスエスは、そんなマル外凋落の時代に生まれた最後の大物と言っていいかもしれない。

 デビュー戦を藤沢厩舎のエース・岡部幸雄騎手(現競馬評論家)で快勝したシンボリクリスエスは翌2002年、日本ダービー(G1)出走を懸けて青葉賞(G2)に挑んだ。

 当時の藤沢厩舎は、すでに押しも押されもせぬ名門厩舎だったが、日本ダービーのタイトルには未だ手が届いておらず、師にとってもダービートレーナーの称号は是が非でも欲しい重要なタイトルだった。

 そこで陣営が白羽の矢が立てたのが、No.1ジョッキーの武豊騎手である。

 天才騎手の手綱に導かれたシンボリクリスエスは見事、青葉賞を快勝。一躍、日本ダービーの最有力候補の1頭に名乗りを上げることとなったがレース後、武豊騎手から掛けられた一言を藤沢調教師は今でも覚えているようだ。

JRA「秋かよ――」藤沢和雄調教師が今でも忘れない武豊の“非情”宣告……15年も「回り道」させられたダービートレーナーの称号のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?