GJ > 競馬ニュース > 岩田騎手秘策に期待度ゼロ!?
NEW

岩田康誠騎手、NHKマイルCに「秘策あり」も期待度ゼロ!? 秘策よりキャラ変更が先か

【この記事のキーワード】, ,
iwatayasunari0304xs.jpg

 8日に迫ってきたNHKマイルC(G1)。荒れることも多いレースだけに、人気薄の馬にも注意を払いたいところではあるが……。

「中穴」の一角といった扱いなのが、1枠1番のシュウジ。新馬から小倉2歳Sまで3連勝、デイリー杯2歳Sではクラッシクでも有力のエアスピネルに2着とし、その後朝日杯5着、ファルコンS12着と徐々に下火になっている感があるが、このシュウジに関し、陣営が「含み」を持たせるような発言をしたことが話題となっている。

 シュウジに騎乗するのは岩田康誠騎手なのだが、管理する須貝尚介調教師が「この馬の印象ですがマイルは少し長いかな、という印象なのですが岩田騎手も何か考えがあるということで今回はそこにかけようかと思います」と発言。「岩田に秘策あり」ということらしいが……。

 ネット上ではこの「秘策」に関し議論が沸き起こった。「大逃げくるか」「マクリと見た」など、岩田騎手の騎乗に注目が集まってはいるが、全体的には”マイナス”の見方をされているのが現状。「ローカルでも輝けない岩田に期待できない」「こういう発言は大抵失敗に終わる」「単純に馬が弱いしな」など、上手くはいかないだろうと見られているようだ。

「ここ最近の岩田騎手は、勝ち鞍こそ重ねているものの、2年前くらいの輝きと比較すると……という状況ですからね。これまででは考えられない福島ローカルでの騎乗、クラシックでも有力どころがなしという惨状です。その中で『奇策』といわれても……という部分はあります」(競馬記者)

 最近は坊主頭になったり、アイドルカフェに行った際の服装がまるでチンピラだったりと、いろいろと心配されている岩田騎手。7日の東京競馬場の馬場は前が止まらない様子だったので、仮に大逃げすれば一発があるかもという考えもあるが……。

 しかし、そもそも最近の岩田騎手は馬の「折り合い」に大きな不安があるという声も多い。やはりなかなか前向きには捉えられない。

岩田康誠騎手、NHKマイルCに「秘策あり」も期待度ゼロ!? 秘策よりキャラ変更が先かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  3. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  4. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  7. 武豊クラシック有力お手馬「回避」も大役に気合! 皐月賞馬と涙を呑んだ30余年前の日本ダービー…偉大なホースマンの「花道」を飾れるか
  8. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  9. 古豪ディープボンド「新パートナー」と阪神大賞典へ! ゴールドシップに並ぶ大記録狙うも、立ちはだかるのは「元主戦」の和田竜二!?
  10. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!