NEW

【徹底考察】大阪杯(G1)キタサンブラック「昨秋、何故2000mの天皇賞を使わなかったのか。主戦の武豊が『これだけは避けたい』展開」

【この記事のキーワード】, ,
【徹底考察】大阪杯(G1)キタサンブラック「昨秋、何故2000mの天皇賞を使わなかったのか。主戦の武豊が『これだけは避けたい』展開」の画像1

「考察」

 天皇賞・春(G1)とジャパンC(G1)を制し、昨年の年度代表馬に輝いたキタサンブラックがG1昇格を果たした大阪杯から始動する。

 有馬記念(G1)から休養を挟み大阪杯から始動という流れは、昨年とまったく同じ。昨年の大阪杯は武豊騎手との初コンビで、前走からプラス2㎏の馬体重で出走したがクビ差の2着。同世代のアンビシャスに後塵を拝した。

 11頭立てで行われたレースはライバルとなりそうな逃げ馬がいないこともあって、キタサンブラックがすんなりとハナへ。毎年、フルゲートにならずペースの上がらない傾向にある大阪杯だが、スタートの3ハロン36.8秒は過去10年の良馬場で2番目の遅さ。マイネルラクリマが鈴をつけに行ったが積極的ではなく、本馬にとっておあつらえ向きの展開だったといえる。

 ただ唯一の想定外は、普段は後方からレースをしているはずのアンビシャスが積極策に打って出たことだ。マイネルラクリマを交わして2番手に浮上すると、キタサンブラックをマーク。1000mは61.1秒で通過している。

 そこから12.5秒‐12.1秒とペースが上がらず、結局勝負は上り3ハロンの瞬発力勝負に。キタサンブラックも自身の上り3ハロンのベスト大きく更新する33.6秒の脚を繰り出したが、33.4秒で上がったアンビシャスにキレ負けて2着に敗れた。

 勝ち馬とはわずかクビ差であり、両者には2㎏の斤量差もあったためキタサンブラックにとっては、まったく悲観する内容ではなかった。

 また今年はG1に昇格し、マルターズアポジーという確固たる逃げ馬も出走するため、昨年のような流れになることは考えにくいといえるだろう。

 ただ当時は「G1級」と騒がれたアンビシャスも、その後は宝塚記念(G1)を大敗し、天皇賞・秋(G1)でも4着と期待ほどの成績は残せていない。

【徹底考察】大阪杯(G1)キタサンブラック「昨秋、何故2000mの天皇賞を使わなかったのか。主戦の武豊が『これだけは避けたい』展開」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【シルクロードS(G3)予想】ナムラクレア、ウインマーベルを切り!「なさそうでアリの穴馬3頭」で万馬券を狙う!!
  2. 【根岸S(G3)予想】ダート転向大成功のギルデッドミラーを切り!本命は近走成績上々の穴馬
  3. 今村聖奈撃沈の裏で5年ぶり珍記録!? 「168か月連続」勝利の剛腕騎手が泥沼連敗地獄…「ダイワ消滅」を惜しむ声が続出!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. かつて「失敗の烙印」を押されかけた名牝シーザリオ、最後の産駒デビューで思い出される「13年前の奇跡」
  5. 「伝説の新馬戦」圧勝の大器と福永祐一が新コンビ! 復権へ負けられない一戦
  6. JRAレモンポップとギルデッドミラーでは決まらない!? 本命同士がワンツー決着した先週末、激走に自信の特注馬はこれだ【根岸S(G3)予想】
  7. 新たな「クロフネ来襲」で日本人騎手は面目丸潰れ!? JRA信者になったアノ騎手も再来日を熱望…「国外逃亡疑惑」の問題児も存在感
  8. 「3大始祖」消滅の危機……日本で「2頭」世界で「0.4%」の血を残すべく立ち上がったカタール王族の「行動」に称賛
  9. 元JRA藤田伸二氏「頭おかしいんちゃうか?」岩田康誠を猛批判! 騎乗馬にムチで“後脚キック”誘発か……ばんえい競馬事件を超える悪質行為「幅寄せ事件」の真相
  10. 「この条件は●●馬の独壇場」JRAシルクロードS的中のカギを握るのはトウシンマカオではなく、あの秘密兵器