GJ > 競馬ニュース > 「競馬感性の法則」
NEW

「競馬の必勝法」を角居勝彦調教師が伝授!? 競馬ビギナー必読の一冊「競馬感性の法則」を見逃すな!

【この記事のキーワード】, ,

 ウオッカ、ヴィクトワールピサ、カネヒキリ、シーザリオ、エピファネイア……数多の歴史的G1ホースを管理し、栗東調教師でも唯一無二といえる実績を残してきた 角居勝彦調教師。そんな「角居センセイ」が4月4日に発売したのが「競馬感性の法則」(小学館新書)だ。

 本書では「G1の戦い方」章に「重賞レース」章と、個々のG1レースを自身の管理馬のレース実績を交えて検証し、レースの特徴や見解を述べている。

 本書を読むと、競馬サークル内に属する角居調教師と、一般競馬ファンの認識の違いが明確に見えて面白い。特に興味深かったのは、今週末に開催されるヴィクトリアマイル(G1)に関する見解だ。

 角居調教師は「どんな男馬よりも体調のよい牝馬のほうが強い」と考えているらしい。牝馬ながら日本ダービーを制し、最終的にG1を7勝したウオッカを管理した師だからこその発言だろう。特にヴィクリアマイルは「春唯一の古馬牝馬G1」ということで、同レースをも目標に仕上げると牝馬が一気に成長すると語っている。「女馬は春に、男馬は夏に強くなる」という格言を大切にしているようだ。関係者からすれば「牝馬限定だから楽」というレースはではないようだ。

 後半には「競走馬の四季」と題し、競馬デビューやデビュー後勝たせることの難しさ、夏や秋それぞれの競馬の楽しみ方、着眼点を紹介。名伯楽ならではの独自の視点を交えた内容は読み応え抜群だ。

 最後には「競馬場へ行こう」と題し、馬券を買えない調教師が馬のどこを見ているのか、パドック、そして返し馬で注目すべき点を惜しみなく披露。これを読めば馬券を買う際の視点が大きく変わる、かもしれない。

 日本トップクラスの実績を持つ「角居センセイ」の思考を垣間見られる1冊。古参の競馬ファンも競馬ビギナーも必見の書だ。時折自身の自慢話が出てくる感じもご愛嬌である。

「競馬の必勝法」を角居勝彦調教師が伝授!? 競馬ビギナー必読の一冊「競馬感性の法則」を見逃すな!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「第3の無敗馬」はヤマニンウルス、オーサムリザルトに続けるか?「格が違う」「上のクラスでもやれる」と絶賛…3連勝中の大物候補が注目の復帰!
  2. 「大躍進」のスワーヴリチャードに引けを取らない名種牡馬!?「海外制覇」フォーエバーヤングの活躍から見えるリアルスティール産駒の可能性
  3. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  4. 【弥生賞】ドウデュース、ワグネリアン、マカヒキも敗戦…過去10年で最多勝の共同通信杯組と明暗、「13連敗中」皐月賞トライアルの謎
  5. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  6. JRA初の「馬券発売」サウジCは国内ダートG1を超える売上! 今後は海外レースがより「身近」な存在に?
  7. 悲願の中央ビッグタイトル狙う三浦皇成に「有力パートナー」集結!? 素質馬と権利取りを狙う弥生賞…古馬路線にも実力馬がスタンバイ
  8. ドゥラメンテ産駒「ダート女王」がいよいよ戦列に復帰!「2度のすれ違い」を経て武豊と待望のコンビ実現へ
  9. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  10. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野