NEW

オークス(G1)3連勝中の伏兵モズカッチャンが激走!? 過去フローラS好走組と「激走条件」合致!重要なのはタイムではなく「〇〇」だ

【この記事のキーワード】, ,
オークス(G1)3連勝中の伏兵モズカッチャンが激走!? 過去フローラS好走組と「激走条件」合致!重要なのはタイムではなく「〇〇」だの画像1

 先月23日のフローラS(G2)、東京競馬場が騒めきに包まれた。レースを制し、オークスへの切符を手にしたのはモズカッチャン(牝3歳、栗東・鮫島一歩厩舎)。単勝12番人気、三連単も約40万馬券の大波乱だった。

 ただし、得てして結果が荒れた分だけレースの評価は高くない。単純な時計面でも2:01.3と平凡なもの。昨年、チェッキーノがフローラS史上初めて2分を切るレースレコードで優勝していたこともあって、ますます地味に映っているようだ。

 ただ、実はフローラSにおいて走破時計の優秀さは、あまり本番に直結していない。

 昨年のチェッキーノこそ本番でシンハライトに食い下がる2着だったが、従来のレコード2分ジャストでフローラSを勝った2014年のサングレアルは、ブエナビスタの妹として期待されたが本番では7着に惨敗している。

 それどころか2:01.5と、今年のモズカッチャンよりもコンマ2秒遅い2001年のフローラSで2着に敗れたレディパステルと3着に敗れたローズバドは、オークスでワンツーフィニッシュ。さらに遅い2:01.8の2005年の勝ち馬ディアデラノビアも本番で3着に好走しているのだ。

 したがって、フローラSのタイムが遅いからといって「低レベル」とタカを括ってしまうのはやや軽率といえる。では一体、何が大切なのか。次項をご覧いただきたい。

オークス(G1)3連勝中の伏兵モズカッチャンが激走!? 過去フローラS好走組と「激走条件」合致!重要なのはタイムではなく「〇〇」だのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【東京新聞杯(G3)予想】ナミュール、ピンハイは力不足で切り!? 切れ味だけでないマイル重賞だから拾える穴馬をチョイス
  2. 和田竜二「200連敗」の原因にJRA新ルール? “闘魂”を奪われたファイターが大苦戦…遠い2023年初勝利
  3. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  4. 【きさらぎ賞(G3)予想】オープンファイアは「遅い」ので切り!少頭数だから3連複1点で仕留める!
  5. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  6. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  7. 武豊&ライトクオンタム、桜花賞「直行」に蘇る5年前の明暗。アーモンドアイが全国区になり、ラッキーライラックの無敗街道が終わった日
  8. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  9. JRA武豊「G1級」超強力パートナーをゲット! C.ルメール、福永祐一も能力の高さに太鼓判、嬉しい誤算が舞い込んだ裏事情
  10. 今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板を一刀両断! 武豊、福永祐一に匹敵する注目度の騎手?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】