GJ > 競馬ニュース > 武豊×エアスピネル復活
NEW

武豊×エアスピネル復活! 「陣営と亀裂」以上の「利害一致」中山記念で「4年目の正直」なるか

【この記事のキーワード】, ,
武豊×エアスピネル復活! 「陣営と亀裂」以上の「利害一致」中山記念で「4年目の正直」なるかの画像1

 昨年のマイルCS2着のエアスピネルが、今年の始動戦を2月の中山記念(G2)と定めることがわかった。

 昨年は京都金杯、富士Sと重賞を2勝したものの、G1には届かず。特にマイルCSでは抜群の手ごたえで抜け出すも、最後の最後にM.デムーロ騎乗のペルシアンナイトに差し切られて惜敗。もうほんの少しの差で戴冠を逃している。

 昨年のマイルCSは富士S圧勝後の参戦で「最大のチャンス」と多くの関係者も語っていただけに、あまりにも痛い敗戦という認識が多数。3歳時よりも成績は向上したが、両手離しで喜べない1年だったのもまた事実だろう。

 仕切り直しの2018年、ということになるが、コンビもまた「リセット」することが決まった。鞍上は武豊騎手である。

 これまで15戦中13戦に騎乗し、全4勝すべてを上げているまさに「主戦」である。昨年のマイルCSでも当然コンビを組む予定だったが、直前に調教で落馬負傷、スキャンダルも重なって騎乗できず。R.ムーア騎手に急遽乗り替わりとなった。

「今回騎乗が決まったのは、中山記念の同日に開催される阪急杯に出走予定だったダンスディレクターが故障で回避した部分も影響しているでしょう。

エアスピネルは一時M.デムーロ騎手の話も出ていましたが、ペルシアンナイトも同レースに出走可能性があるということで、鞍上が空転していたようです。そこで同馬を一番理解している武豊騎手に戻ったという流れではないでしょうか。

武豊×エアスピネル復活! 「陣営と亀裂」以上の「利害一致」中山記念で「4年目の正直」なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  4. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  8. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  9. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  10. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野