GJ > 競馬ニュース > 「ポスト武」不在  > 3ページ目
NEW

武豊が「ポスト武」不在に危機感。競馬界の未来を憂うレジェンドが昨年「新人最多勝騎手」の名を挙げた意外な理由とは

【この記事のキーワード】, ,

 昨年、実弟の武幸四郎騎手が引退したことで『武』の姓が武豊騎手1人になってしまった。これを受けてマスコミなどの表記を「武」にするか「武豊」するかが話題になったが、最終的には本人の希望で「武豊」に落ち着いたという。

「ホッとしていたら、今度は『武藤(雅)』が現れた。見た目、すごく似てるでしょ?これだったら、もしかしたら『武』一文字の方がわかりやすかったかも(笑)」

 思わぬ”伏兵”の出現に「いやあ、これは読めなかったわ」と笑いを誘った武豊騎手。成長著しい武藤騎手としても、今度は大先輩に『こいつはできる』とか『どんどん上手になってきている』と思う若手として、その名前を挙げてほしいところだろう。

武豊が「ポスト武」不在に危機感。競馬界の未来を憂うレジェンドが昨年「新人最多勝騎手」の名を挙げた意外な理由とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【小倉大賞典】10万馬券を演出した今村聖奈と分かれた明暗…「106戦1勝」の同期に訪れた試練の時
  2. C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」G1の舞台で超大物誕生の予感? 圧倒的な強さに陣営は米クラシックも視野…気になるのは「鞍上問題」の行方か
  3. 【フェブラリーS】ハイペース追走ウィルソンテソーロ「完敗」で初G1制覇持ち越し…今年重賞で「オール圏外」松山弘平には厳しい声も
  4. 「再生回数340万超」話題沸騰の武豊×蛯名正義コンビが好素材で白星! 期待される「あの超大物」に続く活躍
  5. 【フェブラリーS】「馬に申し訳ないです」騎手が謝罪の大敗もノーカン?人気急落だからこそ侮れない… 勝率「1.9%」でもアノ馬の激走に要警戒
  6. 武豊「ノーステッキ」でドウデュースの再現!? 格の違い見せた「久しぶりにこの馬らしい走り」…大本命の川田将雅は力負けの馬券圏外
  7. 【フェブラリーS】三冠馬の主戦はなぜ「最低人気馬」を選択したのか?「何だか勘違いされてる方いるみたい」渦中の調教師が憶測に反論
  8. 【フェブラリーS】なぜ川田将雅の代打が「リーディング50位騎手」なのか…最後のG1迎える名伯楽が託した「ロードカナロアの背中を知る」男
  9. あの「人気競馬YouTuber」がフェブラリーSで超高額配当ゲット!? 「払戻いってくるね」わずか1分40秒足らずで平均年収に近い金額もまさかの結末
  10. 【フェブラリーS】「元お手馬」のG1勝利に胸中は複雑?重賞初勝利で学んだ判断力の重要性…「鞍上強化」のお手本騎乗が今後の糧になるか