NEW

JRA南井克巳厩舎の「秘密兵器」がきさらぎ賞で爆発!? ダノンマジェスティ打倒に燃える「2頭」がコワい

【この記事のキーワード】, ,
JRA南井克巳厩舎の「秘密兵器」がきさらぎ賞で爆発!? ダノンマジェスティ打倒に燃える「2頭」がコワいの画像1

 毎年、クラシックを狙う有名馬や良血馬が集結するきさらぎ賞(G3)。今年は良血馬・ダノンマジェスティに人気が集中しているようだ。

 昨年の皐月賞馬・アルアインの全弟であるダノンマジェスティ。前走では2着に3・1/2馬身差をつけて快勝。最後の直線で外にもたれてしまい若さを露呈したものの、それを補って余りある才能を垣間見せていた。

 そして陣営はきさらぎ賞では万全を期すべく、ハミを替えるなど対策を立てて臨む。「スポニチ」の取材に平井助手は気性難があるわけではないと話し、「左手前だとバランスが取れないんです。今度はリングハミにします」と説明してハミ交換の効果に期待しており、さらに「ダービーにいきたい馬。ここで負けていたら、上でどうこうは言えませんからね」と断言していた。

 すでに遙か先の頂きを見据えているダノンマジェスティ陣営。しかし、将来性の高さには目をみはるものがある一方、まだ馬体のゆるさが指摘されるなど、完璧な状態とは言い難いのも事実。先を見つめるあまり今回のレースで足下をすくわれる可能性もあるという。

「今回のレースには、ダノンマジェスティに負けず劣らずの将来性を秘めた馬たちが出走します。まず対抗馬としてあげられるのはカツジです。デイリー杯2歳S(G2)では後のホープフルS(G1)で2着に入るジャンダルムに惜敗。そして昨年暮れには朝日杯フューチュリティS(G1)に出走を予定したものの故障でレースを回避していました。

 ですが、あのときに陣営が回避しため大事には至らず早期復帰が可能になり、さらに休養中に大きく成長をうながすこともできたそうです。まさに怪我の功名で、同馬の陣営はここで勝利をして賞金の加算を狙っているようです」(競馬誌ライター)

JRA南井克巳厩舎の「秘密兵器」がきさらぎ賞で爆発!? ダノンマジェスティ打倒に燃える「2頭」がコワいのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【東京新聞杯(G3)予想】ナミュール、ピンハイは力不足で切り!? 切れ味だけでないマイル重賞だから拾える穴馬をチョイス
  2. 和田竜二「200連敗」の原因にJRA新ルール? “闘魂”を奪われたファイターが大苦戦…遠い2023年初勝利
  3. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  4. 【きさらぎ賞(G3)予想】オープンファイアは「遅い」ので切り!少頭数だから3連複1点で仕留める!
  5. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  6. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  7. 武豊&ライトクオンタム、桜花賞「直行」に蘇る5年前の明暗。アーモンドアイが全国区になり、ラッキーライラックの無敗街道が終わった日
  8. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  9. JRA武豊「G1級」超強力パートナーをゲット! C.ルメール、福永祐一も能力の高さに太鼓判、嬉しい誤算が舞い込んだ裏事情
  10. 今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板を一刀両断! 武豊、福永祐一に匹敵する注目度の騎手?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】