GJ > 競馬ニュース > 暑さで0勝の疲弊騎手  > 2ページ目
NEW

JRA「騎乗集中」も暑さで0勝の疲弊騎手……盛況夏の福島で「地獄」を見たジョッキー

【この記事のキーワード】, ,
JRA「騎乗集中」も暑さで0勝の疲弊騎手......盛況夏の福島で「地獄」を見たジョッキーの画像2

「中でも大変だったといわれるのは大野拓弥騎手ですよ。とくに14日、15日の2日間で合計23鞍、障害レース以外すべてで騎乗していました。ですが、この暑さでは体力や集中力を維持するのも一苦労。大野騎手は有力馬への騎乗もあったものの、予想以上に疲弊したのかその2日間は勝利を上げることができませんでした。

 馬も暑さ弱いことで知られていますし、騎手や関係者たちの中にも夏バテになっている人もいると聞きます。そろそろ開催時間をずらすなど酷暑の対策を取るべきでしょう。暑さで疲弊しきった馬や騎手がレース中にちょっとしたミスを犯しただけでも、大事故に繋がる可能性もあるわけですから。事故が起きてからでは遅すぎますよ」(現場記者)

 今週末から8月にかけて、福島競馬場と同じくらい暑くなるため騎手から敬遠されがちな小倉競馬場でのレースも開催される。気象庁は7月23日に開いた会見で、東日本と西日本では気温の高い状態が8月上旬にかけても続き、最高気温35度以上の猛暑日が続くところもある見込みだと明かしている。これから先、熱中症などにかかるリスクは騎手、そして訪れるファンたちにとって高くなり、厳しい夏になることが予想される。

 無事にレースを開催するためにもJRAにはなにかしらの対策をとってもらいたいものなのだが……。

JRA「騎乗集中」も暑さで0勝の疲弊騎手……盛況夏の福島で「地獄」を見たジョッキーのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  4. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  8. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  9. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  10. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野