NEW

JRAモレイラ「騎乗停止」で試験にも影響!? 合格発表直前に痛恨の処分……「家族問題」もあり念願のJRA入りへ”暗雲”

【この記事のキーワード】, ,
JRAモレイラ「騎乗停止」で試験にも影響!? 合格発表直前に痛恨の処分......「家族問題」もあり念願のJRA入りへ暗雲の画像1

 重要な合格発表を前に、日本競馬の洗礼を受けることになってしまった。

 6日、東京競馬場で行われた本栖湖特別(1000万下)でヘリファルテに騎乗していたJ.モレイラ騎手が、最後の直線で内側へ斜行。ブラックプラチナム並びにマスラオなどの進路が狭くなったとして、開催2日間の騎乗停止処分となった。

 先週7勝を上げ、再び”旋風”を巻き起こしていた元香港No.1騎手が、痛恨の騎乗停止を食らった。9頭立て・芝2400mのレースで2番人気ヘリファルテは、中団やや後ろからの競馬。最後の直線で大外に持ち出されると、モレイラ騎手のゴーサインに応えるように先頭集団を捉えにかかる。

 しかし、最後の200mを切ったところで内側へ大きく斜行。結果は1着だったものの、2着馬ブラックプラチナムや4着馬マスラオなど上位馬の進路に影響を与えたとして、モレイラ騎手は開催2日間の騎乗停止処分を受けた。

「あくまで個人的な見た目の印象ですが、斜行自体の程度としてはそこまで酷いものではなく、騎乗停止になったのは、やや厳しいジャッジにも感じられました。ただ、事象が決勝線(ゴール)に近かったこと、さらにモレイラ騎手の斜行を回避しようとする行動がやや不足していたことも影響があるように思えました。

関係者に話を伺ったところ、どうやら斜行する寸前にムチを落としていたのではないかとのこと。まだ確認は取れていませんが、事実だとしたらミスとはいえ、少し気の毒な結果となってしまいました」(競馬記者)

 日本では初の騎乗停止となったモレイラ騎手。これによって、来週の府中牝馬S(G2)で騎乗予定のリスグラシュー、さらには秋華賞(G1)でコンビを組むはずだったサラキアに騎乗することは不可能になってしまった。

 さらに来春からのJRA通年免許取得を目指すモレイラ騎手は、先日1次試験を受けたばかり。合格発表は11日に行われるが、残念ながら騎乗停止中という立場で合否を待つこととなってしまった。なお、仮に合格していれば、来年1月30日の2次試験に挑むこととなる。

JRAモレイラ「騎乗停止」で試験にも影響!? 合格発表直前に痛恨の処分……「家族問題」もあり念願のJRA入りへ”暗雲”のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【東京新聞杯(G3)予想】ナミュール、ピンハイは力不足で切り!? 切れ味だけでないマイル重賞だから拾える穴馬をチョイス
  2. 和田竜二「200連敗」の原因にJRA新ルール? “闘魂”を奪われたファイターが大苦戦…遠い2023年初勝利
  3. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  4. 【きさらぎ賞(G3)予想】オープンファイアは「遅い」ので切り!少頭数だから3連複1点で仕留める!
  5. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  6. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  7. 武豊&ライトクオンタム、桜花賞「直行」に蘇る5年前の明暗。アーモンドアイが全国区になり、ラッキーライラックの無敗街道が終わった日
  8. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  9. JRA武豊「G1級」超強力パートナーをゲット! C.ルメール、福永祐一も能力の高さに太鼓判、嬉しい誤算が舞い込んだ裏事情
  10. 今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板を一刀両断! 武豊、福永祐一に匹敵する注目度の騎手?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】