NEW

JRA「ファンと騎手の集い開催中止」本当の理由は? 悪質ファン、違法動画UPの指摘も

【この記事のキーワード】, ,

 この『開催中止』についてはネット上でも惜しむ声が相次いで上がっている。例年とは違い、今年は翌日に開催される新潟競馬場での騎乗を控えている騎手もいるため、中止も仕方ないところだろう。だが、一部からは「このことだけが中止の理由ではない」という意見も上がっている。

「年々、参加している一部ファンの行動が問題視されていたんですよ。すべての人がそうだとは言いませんがマナーを無視した場所取りに始まり、撮影禁止のはずのドッキリ動画を撮影し、あまつさえネット上にアップしている人もいます。遠方に住むなどの理由により、参加したくともできない人からすれば、ドッキリ企画をネット上で視聴できるのはありがたいかもしれません。しかしこの行為は、間違いなくマナー違反です。来年の開催も未定とのことですし、このままなくなってしまう恐れもあるでしょうね」(競馬記者)

 楽しいイベントを続けるためには、参加者にもモラルが求められるのは言うまでもない。来年、『ファンと騎手との集い』は開催されるのだろうか?

JRA「ファンと騎手の集い開催中止」本当の理由は? 悪質ファン、違法動画UPの指摘ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【東京新聞杯(G3)予想】ナミュール、ピンハイは力不足で切り!? 切れ味だけでないマイル重賞だから拾える穴馬をチョイス
  2. 和田竜二「200連敗」の原因にJRA新ルール? “闘魂”を奪われたファイターが大苦戦…遠い2023年初勝利
  3. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  4. 【きさらぎ賞(G3)予想】オープンファイアは「遅い」ので切り!少頭数だから3連複1点で仕留める!
  5. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  6. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  7. 武豊&ライトクオンタム、桜花賞「直行」に蘇る5年前の明暗。アーモンドアイが全国区になり、ラッキーライラックの無敗街道が終わった日
  8. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  9. JRA武豊「G1級」超強力パートナーをゲット! C.ルメール、福永祐一も能力の高さに太鼓判、嬉しい誤算が舞い込んだ裏事情
  10. 今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板を一刀両断! 武豊、福永祐一に匹敵する注目度の騎手?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】