NEW

JRA菊花賞(G1)ニシノデイジー「ゴルフ場冠水」の悲劇……“優勝請負人”ルメールは「朗報」を届けられるか

【この記事のキーワード】, , ,

JRA菊花賞(G1)ニシノデイジー「ゴルフ場冠水」の悲劇……優勝請負人ルメールは「朗報」を届けられるかの画像1

 今回は負けられない戦いになりそうだ。

 20日に京都競馬場で行われる菊花賞(G1)。すべての3歳馬にとって、牡馬クラシックを争う最後の一冠。サートゥルナーリア、ロジャーバローズといった春のクラシックホースが不在ということもあって、どの馬にも勝ちたいレースであることは確かだ。

 だが、様々な意味で、最も勝ちたいのは関東の刺客ニシノデイジー(牡3歳、美浦・高木登厩舎)ではないだろうか。

 前走のセントライト記念(G2)では、勝浦正樹騎手が大外をぶん回しての5着。ロスの多いレースぶりに、脚を余してしまった決着にオーナーの西山茂行氏は苦渋の決断……デビュー戦から苦楽を共にしてきた主戦騎手を降板させ、オファーを掛けたのが“優勝請負人”C.ルメール騎手だった。

「勝浦騎手としても、ここ3年で最もG1勝ちの多いルメール騎手が乗るなら納得でしょうね。陣営にとっても思い切ったオファーだったと思いますし、勝負駆けのレースになると思います」(競馬記者)

 陣営の思いは、1週前追い切りからヒシヒシと伝わってくる。美浦のウッドで追い切られたニシノデイジーは3頭併せ馬を敢行。2頭を追走する形で最後は併入だったが、5ハロン67.1秒、ラスト12.2秒の好時計を叩き出している。

 この動きには高木登調教師も「久々に併せ馬で追ったが、我慢が利いていいリズム」と手応え。来週の最終追い切りにはルメール騎手が騎乗するようだ。

 また、この中間、オーナーに思わぬアクシデントがあった。

「どうやら台風19号の影響で、西山オーナーが経営しているゴルフ場が冠水してしまったようです。ゴルフ場は当然、営業停止。西山オーナーのブログでは、沼と化したゴルフ場の前で厳しい表情を浮かべる姿と『長い戦いが始まりました』という言葉が綴られており、極めて深刻な様子が伝わってきます。

正直、競馬どころではないかもしれませんが、ニシノデイジー陣営としても朗報を届けたい思いは強いでしょう」(同)

 これまで皐月賞、日本ダービーと敗れてきたニシノデイジーだが、母のニシノヒナギクから連想された「デイジー」は雛菊の意だ。オーナーの思いを乗せて走るのが、サラブレッド。咲かせるなら“菊”の大輪に違いない。

JRA菊花賞(G1)ニシノデイジー「ゴルフ場冠水」の悲劇……“優勝請負人”ルメールは「朗報」を届けられるかのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. タイトルホルダーにジェラルディーナ、スターズオンアースも参戦に名乗り!?豪華絢爛にファンから「有馬記念並み」の声、大阪杯(G1)に「歴代最高」メンバー集結か
  2. C.ルメール「空気を読まない」武豊斬りの裏で痛恨アクシデント、かつてクラシック候補と呼ばれた逸材が復帰も…待ち受けていた悲しい現実
  3. 【川崎記念(G1)予想】3連勝中のウシュバテソーロは切り!逃げ先行が有利なレースで浮上する穴馬に勝算あり
  4. 武豊vs福永祐一「14年ぶり」真冬の小倉合戦が勃発!? レジェンドの貫録か、名手の有終の美か…記録と記憶を懸けた名勝負に注目
  5. JRA川田将雅「リーディング陥落」で黄色信号!? 戸崎圭太やC.ルメールも反撃の狼煙、きさらぎ賞(G3)大本命フリームファクシに一抹の不安
  6. JRA福永祐一「ラストライド」の中京で同期が泥沼の大不振! 連敗続くG1ジョッキーも複数、今年まだ勝利なしの騎手は誰?
  7. JRA今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? ネット上では「返金じゃないの?」「語り継がれる珍事件」など様々な声
  8. JRA中内田充正厩舎「迷采配」で1勝取りこぼし、まるでリバティアイランドVSラヴェルの再現も…勝ち馬が見せたクラシック級のハイパフォーマンス
  9. D.レーン「絶賛」の大器がドゥラメンテ輩出の出世レースを快勝!バトンタッチの横山武史は「よりどりみどり」で嬉しい悲鳴?
  10. 武豊、川田将雅、今村聖奈らが豪華共演!ジョッキー新年会では爆笑トークや驚愕エピソードも連発!?