GJ > 競馬ニュース > 最強女王アーモンドアイの「次走」は!?
NEW

JRA最強女王アーモンドアイの「次走」は!? ヴィクトリアマイル(G1)大楽勝で「あのレース」が急浮上!

【この記事のキーワード】, ,

JRA最強女王アーモンドアイの「次走」は!? ヴィクトリアマイル(G1)大楽勝で「あのレース」が急浮上!の画像1

 17日、日曜東京で行われたヴィクトリアマイル(G1)を楽勝したアーモンドアイ(牝5、美浦・国枝栄厩舎)は、シンボリルドルフやディープインパクトなど、過去の名馬に並ぶ「7冠馬」となった。

 直線半ばからノーステッキで後続を千切り捨てた走りは、昨年の有馬記念(G1)を9着に敗れたことが不思議に思えるほどの圧勝だった。

 勝利騎手インタビューで「これからも負けないですね」と満面の笑みで答えたC.ルメール騎手。3月のドバイ遠征の際には、新型コロナウイルスの影響で乗れなくなるのは絶対に避けたいと、10日前に出国したほどである。「僕にとってはアーモンドアイが一番。それ以上に大事なものなんてない」と同馬に対する思い入れは相当だ。

 国内復帰初戦となったヴィクトリアマイルだったが、アーモンドアイは6枠12番から好スタートで外目の4番手につけると、まるで1頭だけ次元の違うと言わんばかりの走りで4馬身差の大楽勝を飾った。

 そこで気になるのは、次走でどのレースに使ってくるのかである。

 ドバイから帰国した際、国枝栄調教師は「戻ってきて普通にいけば、安田記念だろうね」とコメントしていたが、安田記念より3週間の前倒しとなるヴィクトリアマイルに出走を表明した経緯がある。

「これは陣営が当初、予想していた以上にアーモンドアイの調整が順調に進んだということ。実際、レースでは回って来ただけともいえる楽勝でしたから、身体的なダメージは小さいかもしれません。

 改めて東京競馬場との相性の良さもわかりましたから、このまま安田記念(G1)に参戦する可能性が高まりましたね。レース後にルメール騎手も個人的な希望として『昨年は残念だったけど、安田記念でリベンジしたい』と話していたようですよ。

 また、間隔が詰まることを避けるなら宝塚記念(G1)になるでしょう。敗れた有馬記念とは異なりますが、同じくグランプリといわれるレースだけにリベンジしたいところですね」(競馬記者)

 昨年は3月のドバイターフ(G1)から安田記念に出走し、春は2戦だった。今年は予定していたドバイターフが中止のため、まだ1戦しかしておらず、状態はまだフレッシュといえるかもしれない。

 もし、いずれかに出走してくるようであれば、秋を待たずに史上初となる8冠達成も現実味を帯びて来るだろう。

「現役最強馬」の今後の動向に注目したい。

JRA最強女王アーモンドアイの「次走」は!? ヴィクトリアマイル(G1)大楽勝で「あのレース」が急浮上!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  6. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  9. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  10. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑