GJ > 競馬ニュース > 『みんなのKEIBA』に6年前の悪夢再び
NEW

JRA安田記念(G1)グランアレグリアを「ワープ」させた『みんなのKEIBA』に批判殺到!? 大本命アーモンドアイ「大写し」の結果敗戦……6年前「ハープスター事件」の悪夢再び

JRA安田記念(G1)グランアレグリアを「ワープ」させた『みんなのKEIBA』に批判殺到!? 大本命アーモンドアイ「大写し」の結果敗戦……6年前「ハープスター事件」の悪夢再びの画像1

 今週の『みんなのKEIBA』は、またも「みんな」のものではなかったようだ……。

 7日、東京競馬場で行われた安田記念(G1)は、3番人気のグランアレグリア(牝5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が優勝。

 一方で、史上最多となる芝G1・8勝目に挑んだアーモンドアイは、単勝1.3倍の大本命に支持されたものの2着止まりだった。

「さあ、アーモンド届くか、アーモンド届くか、アーモンド届かない、アーモンド届かない――!」

 そんな立本信吾アナの実況が響き渡ったのは、毎週のレース中継でおなじみの『みんなのKEIBA』(フジテレビ系)だ。競馬ファンにとっては欠かせない人気番組だが、今週の放送に限っては、いささか不満の声があるようだ。

「オッズ的にも単勝1.3倍ですから、注目がアーモンドアイに集まることは間違いないですが、それにしてもアーモンドアイに偏り過ぎましたね。レース実況は大本命馬が敗れたこともあって、ある程度アーモンドアイに偏るのは仕方ないにしても、あのカメラワークは……。

結果的に2馬身半差を付けられて完敗した馬を追い掛けたせいで、勝ったグランアレグリアがいつの間にか、先頭へワープしていました(笑)」(競馬記者)

 実際に、安田記念の最後の直線では、カメラがいきなりアーモンドアイをズームアップ。わずか数秒のことだが、コンマ数秒を争うのが競馬である。この結果、自分が応援していた馬を見失ってしまったファンが続出したようだ。

 そんなこともあってレース直後、ネット上の競馬ファンからは『みんなのKEIBA』のカメラワークに対する批判が殺到。SNSや掲示板を通じて「あれ、どうにかならんか……」「アーモンドアイ専用カメラなの?」「他の馬の状況が全然わからなかった」など、著しく公平性を欠いた中継に疑問の声が相次いだようだ。

『みんなのKEIBA』といえば、昨年のアーモンドアイが3着に敗れた安田記念の翌週の放送でも、冒頭約10分間に渡り、アーモンドアイの敗戦を特集。

 まるでアーモンドアイが勝つ前提で用意していたVTRを改変して作ったかのように、勝ったインディチャンプにはほとんど触れられず、最強女王の擁護し続けた姿勢は「明らかな偏向報道」と一部のファンから批判の対象になっていた。

JRA安田記念(G1)グランアレグリアを「ワープ」させた『みんなのKEIBA』に批判殺到!? 大本命アーモンドアイ「大写し」の結果敗戦……6年前「ハープスター事件」の悪夢再びのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  6. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  9. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  10. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑