GJ > 競馬ニュース > 武豊不調の原因は外枠!?
NEW

JRA「重賞14連敗」武豊不調の原因は外枠!? エプソムC(G3)それでも7枠14番アイスストームを狙える理由

【この記事のキーワード】, ,

JRA「重賞14連敗」武豊不調の原因は外枠!? エプソムC(G3)それでも7枠14番アイスストームを狙える理由の画像1

 28日に行われる宝塚記念(G1)で上半期の総決算を控えている競馬界だが、騎手の好不調の明暗も徐々に浮き彫りになりつつある。

 今年ここまでのJRA重賞勝利数争いでは、デアリングタクトとのコンビで無敗の牝馬クラシック2冠を達成した松山弘平騎手と、フィエールマンで天皇賞・春(G1)、モズアスコットでフェブラリーS(G1)を制したC.ルメール騎手が最多の7勝タイでデッドヒートを繰り広げている。

 一方、競馬界のレジェンド・武豊騎手はいまだ重賞2勝と精彩を欠いているのが実情だ。一時はより取り見取りに思われた牡馬クラシック戦線でもマイラプソディ、サトノフラッグ、サトノインプレッサ、アドマイヤビルゴと期待された馬が思うような結果を残せなかった。

 最後に重賞を勝ったのはサトノインプレッサの毎日杯(G3)だが、以降は14連敗を喫している。不振に追い打ちをかけたのは、枠運のなさも影響していたかもしれない。今年の重賞は計30鞍のうち、4枠までが10鞍に対し、5枠から外が20鞍と倍もあるのだ。

 では今回7枠14番を引いてしまったのは不運なことだったのか。

 エプソムC(G3)と同じく東京の芝1800m戦のメイS(OP)を勝利したアイスストームと再びコンビを組む今回は、武豊騎手としても巻き返しのためにも結果を出したい1戦ともなるだろう。

「春の東京開催が進んで芝の傷みが目立ち始めたことは、先週の安田記念でも顕著に表れ始めていました。未明からの雨が影響したこともありますが、内の馬を通った馬がそれほど伸びず、外差し馬場になりつつあったようです。

東京開催も終盤に差し掛かり、内外の差が相殺されつつありますね。外枠を引くことが多かった武豊騎手ですが、今回は外を引けたことがむしろいい方に働きそうな気がします」(競馬記者)

 開催が進むことにより、内より外の馬が走ることはよくある。

■エプソムC過去5年の勝ち馬枠番
 2019年 5番人気レイエンダ     6枠9番
 2018年 2番人気サトノアーサー   8枠16番
 2017年 5番人気ダッシングブレイズ 6枠12番
 2016年 1番人気ルージュバック   8枠18番
 2015年 2番人気エイシンヒカリ   5枠6番

 エプソムCも過去5年の勝ち馬がすべて5枠より外の馬だっただけに、アイスストームと武豊騎手にとっても今回は外枠が味方となってくれそうだ。

 15年にはエイシンヒカリとのコンビで制した好相性のレースで連敗ストップの期待がかかる。

JRA「重賞14連敗」武豊不調の原因は外枠!? エプソムC(G3)それでも7枠14番アイスストームを狙える理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  4. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  8. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  9. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  10. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野