NEW

JRA M.デムーロ「痛恨」の選択ミス。安全策がまさかの裏目で、お手馬大放出が止まらない!? “贅沢”から“どん底”へ「転落」の悲劇再びか

 過去にあったデムーロ騎手からルメール騎手への乗り替わりといえば、サートゥルナーリアが思い出される。

 サートゥルナーリアとデムーロ騎手のコンビは、3戦3勝でホープフルS(G1)を制し、クラシックの有力候補と目された。だが、朝日杯FS(G1)を勝ったアドマイヤマーズもデムーロ騎手にとってお手馬の1頭。この2頭は皐月賞(G1)で激突するため、サートゥルナーリアはルメール騎手に乗り替わりとなった。

 そして直接対決となった皐月賞はサートゥルナーリアが勝利したが、アドマイヤマーズも次走のNHKマイルC(G1)を優勝。甲乙つけがたい2頭であることを証明する結果である。

 しかし、暮れの香港マイル(G1)はアドマイヤマーズにC.スミヨン騎手が騎乗。そして今年の安田記念(G1)は川田将雅騎手が騎乗し、デムーロ騎手とのコンビは解消。結果的にサートゥルナーリアはルメール騎手のお手馬となり、アドマイヤマーズはデムーロ騎手の手から離れてしまったのだ。

JRA M.デムーロ「痛恨」の選択ミス。安全策がまさかの裏目で、お手馬大放出が止まらない!? 贅沢からどん底へ「転落」の悲劇再びかの画像3

 さらに今年はアリストテレス以外にも、有力馬であるラッキーライラックもデムーロ騎手からルメール騎手への乗り替わりが予定されている。

「デムーロ騎手はエリザベス女王杯でラヴズオンリーユーに騎乗予定のため、ラッキーライラックを諦めざるを得ませんでした。しかし、肝心のラヴズオンリーユーは前走の府中牝馬S(G2)で1番人気ながら5着に敗れてしまいました。本番に不安を残す内容だけに、またしてもルメール騎手が”おいしい”思いをするかもしれませんね」(同)

 結果的にルメール騎手へ有力馬をアシストする形になっているデムーロ騎手。エリザベス女王杯で、なんとか一矢報いることができるだろうか。

JRA M.デムーロ「痛恨」の選択ミス。安全策がまさかの裏目で、お手馬大放出が止まらない!? “贅沢”から“どん底”へ「転落」の悲劇再びかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA京都記念(G2)エフフォーリア横山武史に別れの予感!? 愛ゆえに発生したクラシック候補の鞍上問題、代役を任されたのは意外なビッグネーム
  2. 新たな「クロフネ来襲」で日本人騎手は面目丸潰れ!? JRA信者になったアノ騎手も再来日を熱望…「国外逃亡疑惑」の問題児も存在感
  3. JRA武豊インティ級の新星登場か、「低レベル」コントレイル世代から遅れてきた大物が登場? ヴェラアズール、ジュンライトボルトに続いた「三番目の風」
  4. シルクロードS(G3)ナムラクレア、マッドクールも危うし!? 今村聖奈のテイエムスパーダも被害、「ルーティン崩れ」で独壇場に黄信号
  5. 元JRA藤田伸二氏「頭おかしいんちゃうか?」岩田康誠を猛批判! 騎乗馬にムチで“後脚キック”誘発か……ばんえい競馬事件を超える悪質行為「幅寄せ事件」の真相
  6. JRA根岸S(G3)テイエムサウスダンは「転厩」で消し? 無視できぬデータから浮上した「オイシイ実力馬」とは
  7. 北島三郎オーナーが激怒か……キタサンブラックを「邪魔」したアノ馬に「勝てもしないくせに」?
  8. 第二のダイアトニック出現?まさかのコンビ解消でも目が離せない勝負師・岩田康誠
  9. お馴染み・細江純子氏の「暴走」が止まらない! 「私はサセコ」のぶっちゃけ発言に競馬ファン愕然
  10. 「伝説の新馬戦」圧勝の大器と福永祐一が新コンビ! 復権へ負けられない一戦