GJ > 競馬ニュース > C.ルメール 武豊の記録更新!
NEW

JRA C.ルメール「アーモンドアイ2世」圧巻デビューで武豊の記録更新!「次はもっといい」出遅れルージュアドラブル“異次元”の33.6秒

JRA C.ルメール「アーモンドアイ2世」圧巻デビューで武豊の記録更新!「次はもっといい」出遅れルージュアドラブル異次元の33.6秒の画像1

 14日、東京競馬場で行われた6R新馬戦は、2番人気のルージュアドラブル(牝2歳、美浦・国枝栄厩舎)が勝利。鞍上のC.ルメール騎手は、これがJRA通算1300勝の節目となった。

 11頭立てで行われた芝1400mのレース。スタートで出遅れたルージュアドラブルは中団やや後方で脚を溜めると、最後の直線で外に持ち出されてからは異次元の伸び脚。鞍上のルメール騎手が「直線で大外に出してから、すごくいい反応」と振り返った通り、あっという間に先頭に並びかけると、上がり33.6秒の末脚で2馬身半突き抜けた。

「2着フレーズバニーユも3着馬を4馬身突き放す強い競馬をしたんですが、手応えが違い過ぎましたね。結局、ルメール騎手は一度もムチを使っていないように、このメンバーではルージュアドラブルが何枚も上手でした。

レース後、ルメール騎手が『物見をしていて道中の手応えは良くなかった』と話している通り、まだまだ幼い面がありますが、走りは大きなスケールを感じさせるもの。ロードカナロア産駒だけに現状はマイル前後が主戦場になりそうですが、精神面が成長すれば距離もこなせるかもしれません」(競馬記者)

 ルメール騎手に国枝厩舎、そしてロードカナロア産駒の牝馬といえば、やはり大先輩のアーモンドアイが想起される。衝撃的なデビュー戦を飾っただけに、ネット上の一部の競馬ファンからは早くも「アーモンドアイ2世」を“襲名”されたようだ。

「まだ比べるのは可哀そうですが、アーモンドアイも1400mでデビューしていますし、今日の内容なら先々も楽しみな馬です。

この日も390kgと入厩当初からずっと馬体重が課題になっているルージュアドラブルですが、重賞2勝と活躍したお母さんのココロノアイも448kgでデビューして472kgで引退したように、まだまだこれから成長の余地があるでしょう。馬体がしっかりしてくれば、来春のクラシックでは、この馬にルメール騎手が乗っているかもしれませんよ」(同)

 また、JRA初騎乗から6215戦目だったこのレースで通算1300勝を達成したルメール騎手は、武豊騎手の7022戦を上回る最速ペース。今年もこれで179勝目と、自身が持つ年間最多勝記録215勝の更新も視野に入っている。

「次はもっといい手応えになると思う」

 レース後、そうルージュアドラブルを評価したルメール騎手。最愛のパートナー・アーモンドアイは今月のジャパンC(G1)での引退が発表されたばかりだが、再び大きな夢を見せてくれるかもしれない。

JRA C.ルメール「アーモンドアイ2世」圧巻デビューで武豊の記録更新!「次はもっといい」出遅れルージュアドラブル“異次元”の33.6秒のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】