GJ > 競馬ニュース > ディープ引退レースで拍手喝采「個性派」
NEW

JRA池添謙一「ご迷惑おかけします」ジャパンC(G1)のアノ馬を彷彿!? ディープインパクト引退レースで拍手喝采の「個性派」が天国へ

【この記事のキーワード】,

JRA池添謙一「ご迷惑おかけします」ジャパンC(G1)のアノ馬を彷彿!? ディープインパクト引退レースで拍手喝采の「個性派」が天国への画像1

 3頭の3冠馬による世紀の一戦が繰り広げられたジャパンC(G1)。1着アーモンドアイ、2着コントレイル、3着デアリングタクトという決着は、各馬が死力を尽くした結果であり、多くのファンに感動を与えた。まだ約1か月残っているが、今年を代表する一戦と評しても過言ではないだろう。

 このレースに華を添えたのは大逃げを打ったキセキだ。1000m通過が57秒9のハイペースとなったことでスローの瞬発力勝負にならず、実力を発揮しやすい状況を作り上げた。

 また、それ以外に印象に残ったのはフランスから参戦したウェイトゥパリスだろう。昨年は海外馬の出走はゼロと創設後初の非常事態となったジャパンCに、コロナ禍でありながらも参戦したことに敬意を表する声も多く上がった。

 だが、それ以上にインパクトを残したのはゲート入りを嫌がったことだ。目隠しをしながらも欧州と日本のゲートの違いによりなかなかゲートに収まらず、約5分間発走時刻を遅らせることとなった。スタートを待ちわびるファンにかなりのインパクトを残したのではないだろうか。名レースに名場面はつきものというわけだ。

 歴史に残るレースでも名場面は存在する。14年前の名レースに華を添えた1頭の個性派が天国へと旅立った。

 6日、JRAはスイープトウショウ(牝19歳)が5日の午後にノーザンファームで腸捻転のため、死亡したことを発表した。

 G1・3勝を挙げた名牝スイープトウショウ。2005年の宝塚記念(G1)では11番人気の伏兵という立場ながらも、ハーツクライ、ゼンノロブロイら強豪を蹴散らして優勝。その男勝りな強さで競馬界を席巻した。

 ただ、それ以上にスイープトウショウがファンの心に残る名馬であるのは、我の強い性格である。

 もともと出遅れ癖のあったスイープトウショウだが、年齢を重ねるにつれてワガママっぷりは加速していく。調教のときに数十分以上もその場から全く動かなかったり、馬場入りを嫌がったりというエピソードがある。他にも、池添謙一騎手がレース前に他の騎手に対して「ご迷惑をおかけします」と予め言っていたという逸話も……。

 そんなヤンチャ娘を多くのファンが見守ったレースが2006年の有馬記念(G1)だ。

JRA池添謙一「ご迷惑おかけします」ジャパンC(G1)のアノ馬を彷彿!? ディープインパクト引退レースで拍手喝采の「個性派」が天国へのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「2戦無敗」G1挑戦も川田将雅にスイッチ…【有馬記念】イクイノックス引退で19年ぶり「秋古馬三冠」ならず…ディープインパクト×ブラックタイドの「インブリード」は?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 【有馬記念】池添謙一、川田将雅の「鞍替え」で明暗?大きな影響及ぼしたイクイノックス引退…浮き彫りになった「ルメールファースト」の舞台裏
  3. 【有馬記念】シャフリヤール「緊急登録」でますます豪華?武豊ドウデュースとタスティエーラでダービー馬の3世代対決も実現か…エフフォーリア不在を惜しむ声も
  4. 川田将雅、福永祐一も認める「大器晩成」、4連勝中ディープインパクト産駒がついに復帰!「G1挑戦」の妹に繋げたいバトン
  5. 【阪神JF】まさかの事態でC.ルメールをゲット! 歓喜のステレンボッシュ陣営は「アーモンドアイではなくアパパネの再現」を狙う!?
  6. 「砂のグランプリ」に有馬記念に劣らない超強力メンバー集結!? ミックファイア、キングズソードら「4強対決」は実現するか
  7. 【有馬記念】ラストランのタイトルホルダーに追い風? 過去2敗でも今年は運も味方してくれるか
  8. 阪神JF『12番人気2着ウィルソンテソーロに続く注目穴馬』が出走。チャンピオンズCで12番人気を推せた理由とドリームチームのJFの決断
  9. 【阪神JF】永島まなみ「めちゃくちゃ悔しい」“踏み遅れ”で元相棒に惜敗…スイープトウショウ孫とG1初挑戦&前走の「リベンジ」へ!
  10. JRA「要注意人物」が有馬記念(G1)に騎乗!? 武豊が激怒した「アシスト疑惑」に「ダブル斜行」……有馬記念の外国人”事件”簿