GJ > 競馬ニュース > ルメールの「正しい扱い方」で万馬券連発!?
NEW

JRA絶好調ルメールの「正しい扱い方」で万馬券連発!? 4年連続リーディングの天才騎手が、実は1/2で「ただの凡人」になる事実に衝撃……

【この記事のキーワード】,

JRA絶好調ルメールの「正しい切り方」で万馬券連発!?  4年連続リーディングの天才騎手が、実は1/2で「ただの凡人」になる事実に衝撃……の画像1

「はい、どうも! ありがとうございました。おつかれさまです!」

 24日、中山競馬場で行われたAJCC(G2)は1番人気のアリストテレス(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が勝利。鞍上のC.ルメール騎手は、これでフェアリーS(G3)、京成杯(G3)、そしてAJCCと3週連続の重賞勝利となった。

 競馬ファンにとっても、すっかりお馴染みとなった……いや、毎週のように見ているルメール騎手の勝利騎手インタビュー。開幕初日の金杯開催こそ休みを取ったが、ここまで16勝とあっという間にリーディング首位の定位置に返り咲き、勝率27.6%、3億を超える獲得賞金でも断トツの首位を堅持。

 まだ始まったばかりだが、すでに2021年のMVJは5年連続のルメール騎手に決まったと述べても過言ではない状況だ。

 そして、ルメール騎手は馬券を購入するファンにとっても、文字通り”切っても切り離せない”人物に違いない。かつては武豊騎手がそうであったように、レースを予想する際、まず「ルメール騎手をどうするか」を決めてから考えるファンも少なくないだろう。多くの場合、軸にするなら堅実に、切るなら当然穴狙いとなるはずだ。

 そんなルメール騎手だが、今年は明確な「傾向」がある。

 現在16勝を挙げているルメール騎手は勝率27.6%、連対率43.1%、3着以内率44.8%と、まさに絶好調。その大きな原動力になっているのが、重賞3勝に加え合計【10.3.1.12】で勝率38.5%、連対率50%、3着以内率53.8%と圧倒的な成績を誇る「芝のレース」だ。逆に言えば芝のレースなら、ルメール騎手は極めて堅実な馬券の軸になると言えるだろう。

 一方で、ルメール騎手の切り時はまさしく「ダートのレース」だ。

 合計で【6.6.0.20】勝率18.8%、連対率・3着以内率ともに37.5%は決して悪い数字ではないが、騎乗馬の人気が1番人気から『15.7.6.4』であることを考慮すれば、到底積極的に買える騎手ではないことがわかる。

「この傾向はルメール騎手にとって今に限ったことではありませんが、今年は特に如実に現れています。特に買うことを避けたいのが、15回騎乗して3勝の勝率20%に留まっている朝の1R~4Rまで。時期的な影響もあって、すべてダート戦ですが、人気馬に騎乗して馬券圏外に沈むことも珍しくありません。

逆に特別戦や重賞レースが増える8R~12Rでは、10勝して勝率も38.5%と朝の2倍近くまで跳ね上がっています。無論、ここでも狙いは芝のレース。ダートは8戦して、わずか1勝。24日に単勝1.2倍で圧勝したアメリカンシード以外は、すべて敗れています」(競馬記者)

JRA絶好調ルメールの「正しい切り方」で万馬券連発!?  4年連続リーディングの天才騎手が、実は1/2で「ただの凡人」になる事実に衝撃……の画像2

 昨年、フェブラリーS(G1)をモズアスコットで勝ったルメール騎手だが、実はこれが同レースの初勝利だった。また2014年に誕生したチャンピオンズC(G1)は未勝利。昨年もエリザベス女王杯からジャパンCまでG1を3連勝したが、2番人気のカフェファラオに騎乗した同レースで連勝記録が途絶えてしまったことは記憶に新しい。

 見事な開幕ダッシュを決めているルメール騎手だが、ダートレースが盛んに行われる厳寒期はまだまだ続く。馬券の収支に大きな影響を与えている、このフランス人ジョッキーを特別視するのはターフを走る時だけにした方が良さそうだ。

JRA絶好調ルメールの「正しい扱い方」で万馬券連発!? 4年連続リーディングの天才騎手が、実は1/2で「ただの凡人」になる事実に衝撃……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【朝日杯FS(G1)展望】「不運続き」英国の名手が良血シュトラウスと新コンビ! 復帰目指すの武豊は6馬身差圧勝の「新キタサンブラック」と参戦予定
  2. 武豊「復帰目前」ドウデュース有馬記念の後は「G1完全制覇」へ。「僕は帰ってきました」から約10年…キズナ産駒で偉業達成なるか
  3. エスコーラ「川田不在」で2年半ぶり敗戦…同じ競馬場にいながら噂の大器に乗れなかった理由
  4. 【阪神JF】永島まなみ「めちゃくちゃ悔しい」“踏み遅れ”で元相棒に惜敗…スイープトウショウ孫とG1初挑戦&前走の「リベンジ」へ!
  5. 【有馬記念】池添謙一、川田将雅の「鞍替え」で明暗?大きな影響及ぼしたイクイノックス引退…浮き彫りになった「ルメールファースト」の舞台裏
  6. 「14番人気2着→11番人気1着」ベテラン騎手の連続激走で「チャレンジ」大成功!? 有馬記念に挑んだ相棒のオーナーへ感謝のメモリアルV
  7. 世界最強ゴールデンシックスティ「何故」セン馬に? 「産駒が見られないのが残念」の声も知っておきたい香港の競馬事情
  8. J.モレイラ、B.ムルザバエフに代わる「刺客」が来日!? 凱旋門賞ジョッキーに今夏話題の女性騎手…年明けも「大物」が短期免許を予定
  9. C.ルメールが武豊らを全否定!? 「馬のことをわかっていない」国民的英雄ディープインパクトを破った「伝説の有馬記念」を語る
  10. イクイノックスを「唯一」差し切った兄の豪脚を彷彿!「才能に驚いた」名手も絶賛の走りでマイル女王「後輩」が来春に名乗り