GJ > 競馬ニュース > アリストテレスに渡された負のバトン!?
NEW

JRAアリストテレスに渡された負のバトン!? 阪神大賞典(G2)断然人気馬を襲った魔物が忍び寄る負けられない戦い

【この記事のキーワード】,

JRAアリストテレスに渡された負のバトン!? 阪神大賞典(G2)断然人気馬を襲った魔物が忍び寄る負けられない戦いの画像1

 21日に開催される阪神大賞典(G2)。天皇賞・春(G1)の前哨戦として14頭の出走が想定されている。中でも17日現在『netkeiba.com』の予想オッズで堂々の1.2倍をつけているのが、昨年の菊花賞では無敗の3冠馬コントレイルに迫り2着、AJCC(G2)では堂々の1着を果たしているアリストテレス(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)だ。

 前走、前々走を見ても納得のいく予想オッズであることはいうまでもない。だがこれまでの同馬の経験とここ最近のレースの結果をみると、「アリストテレスが危なげなく勝つだろう」という大方の予想に待ったがかかるかもしれない。

 まず注目したいのがアリストテレスの競走成績だ。本馬の走ってきたこれまでの10走の中で阪神競馬場開催のレースは2019年の2歳新馬戦、2歳1勝クラス、2020年のすみれS(L)の3走である。実はこの3走全て、アリストテレスはすんでのところで勝利に届かず、どのレースも2着という結果で苦渋を飲んでいるという事実は押さえておきたい。

 そしてもう1つ注目したいのが、ここ2週間の日曜のG2レースについてだ。3月に入ってから単勝1倍台の出走馬がいる日曜のレースが大荒れとなっていることも、同じく大本命馬であるアリストテレスにとっても他人事ではない。

 この2週間で「競馬に絶対はない」という言葉を痛感させられたファンも多かったのではないか。それこそ競馬場に魔物が潜んでいるのではないかと思えるくらいに……。

 7日の弥生賞ディープインパクト記念(G2)では単勝1.3倍という圧倒的1番人気で望んだダノンザキッドが、大方の予想を裏切る形で3着に終わった。

JRAアリストテレスに渡された負のバトン!? 阪神大賞典(G2)断然人気馬を襲った魔物が忍び寄る負けられない戦いの画像2

 そして14日の金鯱賞(G2)でも大本命馬が敗れる波乱となった。昨年、無敗の三冠牝馬という偉業を達成し、これまで負けたのはアーモンドアイとコントレイルのみというデアリングタクト。他馬に大きく差をつけての単勝1.4倍でレースに臨んだが、最低人気ギベオンの逃げ切りを許した。

 2万2730円の単勝払戻金はJRA重賞で歴代6位の額をつけたのは記憶に新しい。そしてデアリングタクトはアリストテレスと同じくエピファネイア産駒でもあった。

 2週連続で単勝1倍台の馬が不覚を取った悪い流れ。7日は中山で、14日は中京で、次は……と考えるとなんとも不気味である。またこの事実に加えてアリストテレスが阪神で未だ勝ち星がないというのも、不安に拍車をかける材料となっている。

 だがアリストテレスは昨年秋にメキメキと成長を遂げ、菊花賞(G1)ではコントレイルと接戦を演じるまでに力をつけた。今なら未勝利の阪神競馬場でも問題ないかもしれない。

 さらにここを突破した先にある天皇賞・春も、今年は京都競馬場の改修工事の関係から阪神競馬場での開催だけに、前哨戦といえども勝利が至上命題となるだろう。

 はたして、アリストテレスは勝って当然と見られていたダノンザキッド、デアリングタクトが敗れた負の連鎖を断ち切ることができるだろうか。

JRAアリストテレスに渡された負のバトン!? 阪神大賞典(G2)断然人気馬を襲った魔物が忍び寄る負けられない戦いのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  4. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  8. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  9. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  10. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野