GJ > 競馬ニュース > 横山武史フラワーC「最下位」大敗も…
NEW

JRA横山武史フラワーC(G3)「最下位」大敗も問題なし!? 「姉クラス」と期待される大物オークス馬妹で「騎乗停止」に泣いた昨年のリベンジへ

【この記事のキーワード】,

 20日、中山競馬場で行われたフラワーC(G3)は、丸田恭介騎手が騎乗したホウオウイクセルが優勝。この日、リーディング上位騎手が阪神、中京に流れる中、今年まだ1勝の丸田騎手がクラシック参戦のチャンスをものにした。

 一方、フラワーCで騎乗した騎手の中では最もリーディング上位の横山武史騎手は、フミチャンに騎乗し16着と最下位に敗れている。

 レースでは中団に位置取った横山武騎手だが、4コーナーでフミチャンはズルズルと後退。最後方までポジションを下げると、強く追われることなくゴールした。

 前走まで三浦皇成騎手が騎乗していたフミチャンだが、4戦目の未勝利戦を勝ち上がったのはダート戦。今回、三浦騎手は3番人気のイズンシーラブリーに騎乗し、4着と上位争いを演じている。横山武騎手はジョッキー不在となったフミチャンに騎乗した形だが、本来であればオメガロマンス(牝3歳、美浦・斎藤誠厩舎)への騎乗を予定していた。

 フラワーCは1勝馬が16頭登録しており、オメガロマンスもその1頭。「16分の11」という抽選から漏れ除外となったのだ。

 事前に斎藤誠調教師が『日刊スポーツ』の取材に対し「素質があるし、通用していいと思います。1600mは忙しいし1800m、2000mあたりがいいかも」と話していたオメガロマンス。距離適性から1800mのフラワーCに登録したが、出走は叶わなかった。

 だが、この抽選漏れが横山武騎手に幸運をもたらすかもしれない。

「フラワーCは除外となってしまいましたが、来週は中山2000mの牝馬限定戦・ミモザ賞(1勝クラス)が控えています。フラワーCへの出走を予定していたわけですから、マイルが短いとなるとミモザ賞に登録する可能性は高いのではないでしょうか。

オークスを目標としているようなので、順調にいけばフローラS(G2)、オークス(G1)というローテが濃厚だと思いますよ」(競馬記者)

 ミモザ賞、フローラS、オークスというローテは、昨年のウインマリリンと同じ。横山武騎手にとっては、ミモザ賞、フローラSと連勝し、重賞初制覇を飾った縁起のいいローテーションだ。

 オークスは騎乗停止により父の横山典弘騎手に乗り替わったウインマリリンだが、デアリングタクトの2着。7番人気ながらも、その後の三冠馬に半馬身差と健闘した。

JRA横山武史フラワーC(G3)「最下位」大敗も問題なし!? 「姉クラス」と期待される大物オークス馬妹で「騎乗停止」に泣いた昨年のリベンジへのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か