GJ > 競馬ニュース > 大阪杯 牝馬優位揺るぎなしも...
NEW

JRA グランアレグリア「距離延長」はむしろ大歓迎!? 大阪杯(G1)牝馬優位揺るぎなしもレイパパレには落とし穴

【この記事のキーワード】, ,

JRAグランアレグリア「距離延長」はむしろ大歓迎!? 大阪杯(G1)牝馬優位揺るぎなしもレイパパレには落とし穴の画像1

 4月4日、阪神競馬場では大阪杯(G1)が行われる。3冠馬コントレイルの始動戦として注目される一戦には、グランアレグリア(牝5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)とレイパパレの牝馬2頭がスタンバイ。ともに有力候補として名前が挙げられる存在だ。

 思い起こせば、昨年は2、3歳戦を除く芝の牡馬混合G1で牝馬が牡馬を圧倒。天皇賞・春(G1)を制したフィエールマン以外は全て牝馬が優勝。昨年の大阪杯に至っては、ラッキーライラックとクロノジェネシスの牝馬2頭がワンツーを決めるなど、ここ数年は牝馬優位の時代が続いている。

 コントレイルに次ぐ人気が予想されるグランアレグリアは昨年、国内の短距離界を席巻。安田記念(G1)、スプリンターズS(G1)、そしてマイルCS(G1)で歴戦の牡馬たちを子供扱いした。一方のレイパパレは実績面で劣るが、これまで5戦全勝で未知の魅力にあふれる怖い存在だ。

 そんな牝馬2頭だが、データ的には「グランアレグリア>レイパパレ」という構図となりそうだ。

 2010年以降、芝の牡馬混合G1における牝馬の成績は「25-27-21-242/315」。14頭の牝馬が計25勝を挙げているが、牡馬相手にパフォーマンスを上げる条件の一つが、前走から距離を延ばしてきた時、いわゆる「距離延長時」である。

【牝馬の前走からの距離変動別成績、2010年以降、牡馬混合芝G1】
同距離 6-9-11-121/147(4.1%/10.2%/17.7%)
延長時16-8-5-65/94(17.0%/25.5%/30.9%)
短縮時 3-10-5-56/74(4.1%/17.6%/24.3%)
※カッコ内は左から勝率、連対率、複勝率

 同距離、延長時、そして短縮時という3つの条件の勝率を比較すると、距離延長時は17.0%で、同距離・短縮時の4.1%を大きく上回っている。マイルCSから2ハロンの距離延長が不安視されるグランアレグリアにとっては何とも心強いデータといえるだろう。

 さらに、距離延長組において、前走どのクラスを走っていたかも非常に重要である。

【距離延長組の前走クラス別成績】
G1 15-8-4-41/68(22.1%/33.8%/39.7%)
G2以下 1-0-1-24/26(3.8%/3.8%/7.7%)

 ご覧のように、距離延長組は前走でG1を使われていることが好走の絶対条件となっている。さらに、同じG1でも牝馬限定戦だった場合は、「2-6-4-27/39」(5.1%/20.5%/30.8%)で、牡馬混合G1の「13-2-0-14/29」(44.8%/51.7%/51.7%)に大きく見劣る。

 大阪杯で2番人気が予想されるグランアレグリアは、前走は牡馬混合G1のマイルCSだったので、すべてのデータが同馬を後押ししてくれている。

 一方、同じ牝馬でもレイパパレは、前走が今回と同じコースのチャレンジC(G3)。すなわち、データ上はあまり芳しくない同距離組だ。無敗馬とはいえ、ただでさえ相手関係が大幅に強化されるなか、データ的にも割引材料があって、さすがにここでは家賃が高いか。

 果たして、牝馬2頭はコントレイル相手にどんな競馬を見せてくれるだろうか。

JRA グランアレグリア「距離延長」はむしろ大歓迎!? 大阪杯(G1)牝馬優位揺るぎなしもレイパパレには落とし穴のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か