NEW

JRA 横山典弘「降板」も皐月賞(G1)にわずかな望み!? 未解決の「鞍上問題」を抱える注目の陣営は

【この記事のキーワード】, ,

JRA 横山典弘「降板」も皐月賞(G1)にわずかな望み!? 未解決の「鞍上問題」を抱える注目の陣営はの画像1

 18日に中山競馬場で行われる皐月賞(G1)に出走を予定しているステラヴェローチェ(牡4、栗東・須貝尚介厩舎)は、吉田隼人騎手とのコンビで挑むことがわかった。

 ステラヴェローチェは昨年7月に川田将雅騎手を背にデビュー勝ち。2戦目からコンビを組んだ横山典弘騎手の手綱でサウジアラビアRC(G3)を制し、朝日杯FS(G1)ではグレナディアガーズの2着に好走。1番人気に支持された今年2月の共同通信杯(G3)を5着と敗れていた。

「言うことない。思い描いていた通り」

 ステラヴェローチェの仕上がりに絶大な自信を見せていた須貝調教師だったが、5着と精彩を欠いた共同通信杯。レース後に「馬は良かった。敗因はいろんな要素があるので……」と言葉を濁したのは、横山典騎手の騎乗に100%満足していなかったのかもしれない。

 その一方、以降に行われたレースの結果からは、相手関係もそれほど楽ではなかったのではないかという見方も出来そうだ。

「優勝したエフフォーリアは、レース後にC.ルメール騎手が今年のダービー馬と評した馬です。2着のヴィクティファルスはスプリングS(G2)、3着のシャフリヤールは毎日杯(G3)を勝ったように、決して楽なメンバーではありませんでした。

前々にいた息子の武史騎手が騎乗していたエフフォーリアを捕まえに行かなかったなんてことも言われていますが、真剣勝負のレースでそんな余裕はないでしょう。朝日杯以来の休み明けでしたし、本番での変わり身も期待できる内容に思えます」(競馬記者)

JRA 横山典弘「降板」も皐月賞(G1)にわずかな望み!? 未解決の「鞍上問題」を抱える注目の陣営はの画像2

 先週の高松宮記念(G1)では古川吉洋騎手から乗り替わったライトオンキューの手綱を任されたが、皐月賞では自身が乗り替わりとなってしまった横山典騎手。結果がすべての世界とはいえ、明日は我が身となることも珍しくないのが競馬でもある。

 しかし、横山典騎手にまだ皐月賞参戦のチャンスが残されていることも確かだ。

 負傷の武豊騎手、騎乗停止の松山騎手が離脱したことで鞍上問題が巻き起こっている今年の皐月賞。本番に向け続々とコンビが決定しつつあるが、まだ鞍上が未定となっている有力馬も残されている。

 若葉S(L)勝ちのアドマイヤハダル、朝日杯FSの3着馬レッドベルオーブ、毎日杯勝ちのシャフリヤールは福永祐一騎手が候補とはいえ、乗れるのは1頭。他にもスプリングSで3着のボーデンも主戦の川田将雅騎手がダノンザキッドに騎乗するため、可能性として考えられるだろう。

 武豊騎手の復帰は早くとも5月といわれているだけに、このまま関東の大ベテランである横山典騎手の騎乗が皐月賞で見られないのは淋しいものである。なんとか騎乗馬を確保して皐月賞でマジックを披露してくれることに期待したい。

JRA 横山典弘「降板」も皐月賞(G1)にわずかな望み!? 未解決の「鞍上問題」を抱える注目の陣営はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【東京新聞杯(G3)予想】ナミュール、ピンハイは力不足で切り!? 切れ味だけでないマイル重賞だから拾える穴馬をチョイス
  2. 和田竜二「200連敗」の原因にJRA新ルール? “闘魂”を奪われたファイターが大苦戦…遠い2023年初勝利
  3. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  4. 【きさらぎ賞(G3)予想】オープンファイアは「遅い」ので切り!少頭数だから3連複1点で仕留める!
  5. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  6. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  7. 武豊&ライトクオンタム、桜花賞「直行」に蘇る5年前の明暗。アーモンドアイが全国区になり、ラッキーライラックの無敗街道が終わった日
  8. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  9. JRA武豊「G1級」超強力パートナーをゲット! C.ルメール、福永祐一も能力の高さに太鼓判、嬉しい誤算が舞い込んだ裏事情
  10. 今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板を一刀両断! 武豊、福永祐一に匹敵する注目度の騎手?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】