GJ > 競馬ニュース > 元JRA藤田伸二氏「やはりポンコツやな」ソダシ調教師に激怒!? 武豊、朝日杯FS制覇も「前が壁」にファンからブーイング……M.デムーロ「低迷」のきっかけはドウデュースの調教師!? 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
NEW

元JRA藤田伸二氏「やはりポンコツやな」ソダシ調教師に激怒!? 武豊、朝日杯FS制覇も「前が壁」にブーイング……M.デムーロ「低迷」のきっかけはドウデュースの調教師!? 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】

元JRA藤田伸二氏「やはりポンコツやな」ソダシ調教師に激怒!? 武豊、朝日杯FS制覇も「前が壁」にファンからブーイング……M.デムーロ「低迷」のきっかけはドウデュースの調教師!? 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像1
撮影:Ruriko.I

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週も人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

元JRA藤田伸二氏「やはりポンコツやな」ソダシ調教師に激怒!? 武豊、朝日杯FS制覇も「前が壁」にファンからブーイング……M.デムーロ「低迷」のきっかけはドウデュースの調教師!? 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像2JRA武豊「前が壁」2発にファンからブーイングの嵐!?「メモリアル4500勝&レコード勝ち」固め打ちも…

デスク「Y」:今週はいよいよ有馬記念(G1)だねえ。去年リスグラシューが勝ったのが昨日のことのように思えるよ。ホント、歳は取りたくないねえ……。

ライター「A」:リスグラシューが有馬記念を勝ったのは一昨年ですよ。

デスク「Y」:……え?

ライター「A」:今年はクロノジェネシスが連覇に挑むって、色んなニュースに書いてあるでしょ。去年勝ったから連覇に挑めるんですよ。

デスク「Y」:言われてみれば、サラキアの激走とか色々思い出してきたあああ!ナンテコッタイ……。

ライター「A」:やれやれ、もうボケ始めてるんですか。本題に入りますが、先週の朝日杯FS(G1)を勝った武豊騎手ですが、それ以外のレースでは悔しいシーンがあったそうです。

デスク「Y」:まあまあ、そんな小さなことは置いといて、素直にG1完全制覇にリーチが掛かったことを喜ぼうよ。終わり良ければすべて良しってね!

ライター「A」:22回目の挑戦にしてやっとですからね。本人はあまり気にしてなかったみたいですけど、最近はG1完全制覇のことで取材される機会も増えていたので、早く勝っておきたかったみたいです。

デスク「Y」:これは武豊騎手とJRAの積年のバトルだからね。

ライター「A」:どういうことですか?

デスク「Y」:だって武さんがG1を勝っても勝っても、JRAがどんどん新しいG1を増やしちゃうから。せっかくゴール目前まで来たのに、ゴールテープがどんどん離れて行っちゃう感じ。

ライター「A」:残ってるホープフルSも2017年にG1へ昇格したばかりのレースですもんね。

デスク「Y」:そうそう。だから今JRAも「マズイマズイ」って新しいG1レースを検討してると思うよ。「ヤバい、ゴールされちゃう!」って(笑)。

ライター「A」:なるほど、そうやってゴールを先延ばしにしてあげることで、武豊騎手のモチベーションをさらに上げてあげてるわけですね。さすが天下のJRA、ニンジン作戦も鮮やか……って、そんなわけないでしょ!

デスク「Y」:JRAにしても“ドル箱”の武豊騎手にはいつまでも頑張ってほしいからね。っていうかキミ、ノリツッコミとかできるんだ(泣)。

ライター「A」:デスクのご指導のおかげで引き出しが増えました……。


「やはりポンコツやな」元JRA藤田伸二氏が激怒!? 有馬記念(G1)ステラヴェローチェの乗り替わりに不満隠せず

ライター「A」:先ほどの話の続きになりますが、仮にさらに新G1が増えるなら、どんなレースになるんですかね。

デスク「Y」:とりあえず、アイビスサマーダッシュ(G3)のG1昇格は見てみたいね。時期的にもG1が欲しい時期だし、日本唯一の直線レースをもっと大々的に活かした方が良いと思う。

ライター「A」:欧州では直線レースのG1がたくさんあります。日本もせっかくコースを作ったんですし、1000mのレース形態を整えればアイビスサマーダッシュをG1にできるかも。レース中継のカメラワークも迫力ありますしね。

デスク「Y」:そうそう。あとファンからの要望が熱いのが、1400mとか1800mいわゆる非根幹距離のG1だよね。 具体的には、やっぱりG1に一番近いのは毎日王冠(G2)かな。

ライター「A」:今年もNHKマイルC(G1)を勝ったシュネルマイスターが凄いレースを見せてくれましたし、毎年ハイレベルなメンバーが集まりますよね。

デスク「Y」:2000mが得意な中距離馬と1600mが得意なマイラーが激突するところに、1800mのレースの面白さがあるんだよね。あくまで一個人の意見だけど、大阪杯(G1)は「外回りの1800mでいいんじゃないか」って思ってる。それで宝塚記念(G1)との差別化を図るってわけ。

ライター「A」:確かに4月の大阪杯と6月の宝塚記念は、共に阪神内回りの2000mと2200m。条件が少しでも異なるレースの方が、ファンも予想しがいがあります。

デスク「Y」:そうそう。春は1800mの大阪杯で戦った中距離馬は2200mの宝塚記念へ。マイラーは1600mの安田記念(G1)に分かれていくイメージの方が面白いじゃない。

ライター「A」:盛り上がりそうですね! でも大阪杯の距離を1800mにすると、同時期に開催されるドバイターフ(G1)とまったく同じ距離になっちゃいますね。

デスク「Y」:別にいいじゃん。元々、大阪杯をG1に昇格させたのって、国内の人気馬の海外流出を避ける意味合いもあったからね。正々堂々ぶつけてやればいいんだよ。それにしても、記事の話しなくていいの?

ライター「A」:いいんです、いいんです!(先週のまとめ(リンク)と同じようなネタだから、話が繰り返しになるんだよねえ)

デスク「Y」:ステラヴェローチェの乗り替わりに、藤田伸二さんが激怒って書いてあるけど。

ライター「A」:いや、その話はまた今度!(先週同じこと話したのなんで覚えてないんだろ、この人……)

デスク「Y」:オレも、あれには一言言いたいことがあって……。

ライター「A」:まあまあ、次の話に行きましょう!

元JRA藤田伸二氏「やはりポンコツやな」ソダシ調教師に激怒!? 武豊、朝日杯FS制覇も「前が壁」にファンからブーイング……M.デムーロ「低迷」のきっかけはドウデュースの調教師!? 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像3
M.デムーロ騎手 撮影:Ruriko.I

JRA M.デムーロ「低迷」のきっかけはドウデュースの調教師!? 復権に欠かせないのは失った信頼関係の改善か

ライター「A」:先々週の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)制覇に、先週もターコイズS(G3)勝ち。12月になってM.デムーロ騎手の勝負強さが戻ってきました。

デスク「Y」:有馬記念の公開枠順抽選会でも、佐野瑞樹アナから「絶好調ですね!」って言われてたね。その後、ミルコ(デムーロ騎手)の方は日本語で何言ってたのか、イマイチわかんなかったけど(笑)。

ライター「A」:電話だったから、音声が聞き取り難かったんですよ(笑)。

デスク「Y」:でも、ここに来て調子を上げてきたっていうのは、やっぱり弟のC.デムーロ騎手が来日してるって点も大きいんだろうね。いっしょに暮してるみたいだし「お兄ちゃんとして、良い所見せなきゃ」ってモチベーションも上がってるんだろうね。

ライター「A」:M.デムーロ騎手は昔から気分屋というか、モチベーションが結果に大きく作用する騎手として有名ですね。そんなデムーロ騎手ですが、関西の友道康夫調教師とはほぼ絶縁状態だとか。

デスク「Y」:そういわれてみれば、最近全然見てない気が……。ちょっと前まではアドマイヤマーズとか、エタリオウとかいたよね?

ライター「A」:昨年がわずか1鞍、今年に至っては騎乗なしのようです。2018年には25回もコンビ結成があったんですが。そんなデムーロ騎手に替わるように、友道厩舎とのコンビが増えているのが川田将雅騎手ですね。

デスク「Y」:まあ、騎手選択は馬主さんの意向も大きいし、すべてが友道調教師の判断ではないと思うけどね。

ライター「A」:調教師とすれば、勝てる騎手を馬主さんに勧めるのが仕事ですもんね。デムーロ騎手の低迷とは無関係ではないでしょう。

デスク「Y」:騎手って、アスリートの中でも「馬次第」っていうか、かなり特殊な職業だよね。勝てる人にはどんどんいい馬が集まって、さらに勝てるようになる一方、勝てない騎手からはどんどんいい馬が離れていって、さらに勝てなくなる。あの武豊騎手でさえ、一時は低迷から引退説が囁かれたくらいなんだから。

ライター「A」:元騎手の方から、必ずしもリーディング上位の騎手=上手い騎手ってわけじゃないという話は聞いたことがあります。

デスク「Y」:そうそう。政治力じゃないけど、営業とか人付き合いも大事な職業だよね。その点、外国人のデムーロ騎手は不利な点があると思う。日本語もあまり上手いとは言えないし(笑)。

ライター「A」:インタビューなどでは、とてもフレンドリーで気さくな人に見えるんですけどね。

デスク「Y」:実際そうだと思うよ、オレも大好きな騎手の1人だし。でも言葉の壁は大きいと思うし、エージェントとか通訳がいるからオールOKってわけでもないだろうしね。

ライター「A」:わかります。デスクもよく“言葉の壁”で困ってますもんね。

デスク「Y」:……オレ、日本人なんだけど。

ライター「A」:でも、よく若い子から「デスクが何言ってるのか分からない」って話を聞きますよ(笑)。

デスク「Y」:誰かジェネレーションギャップのための通訳を用意してくれないかな……。


 さて、今週も毎度バカバカしいお話にお付き合いいただきありがとうございました。『GJ』では今週末に開催される重賞関連の記事も多数掲載しております。お手すきの際にご笑覧いただけたら幸いです。
(構成=編集部)

元JRA藤田伸二氏「やはりポンコツやな」ソダシ調教師に激怒!? 武豊、朝日杯FS制覇も「前が壁」にブーイング……M.デムーロ「低迷」のきっかけはドウデュースの調教師!? 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】