GJ > 競馬ニュース > 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
NEW

JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補

【この記事のキーワード】, ,
JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補の画像1
坂井瑠星騎手

 今週末の中央競馬は中山・中京・小倉の3場開催。土曜は小倉で8鞍、日曜には中京で11鞍に騎乗を予定しているのが、甘いマスクを持つことで知られる7年目の坂井瑠星騎手だ。

 昨年は自己ベストを更新する53勝をマーク。重賞3勝に加え、宝塚記念(G1)では所属する矢作芳人厩舎のユニコーンライオンを2着に、12月のチャンピオンズC(G1)ではアナザートゥルースを3着に導くなど大舞台でも勝負強さを発揮しはじめている。

 海外遠征にも積極的で、2年目にはオーストラリアへ武者修行を敢行。約1年間にわたってオーストラリアを拠点に、アメリカ、そして日本を行き来しながら腕を磨いた。

 コロナ禍の情勢でも、海外志向は変わらず。昨年2月は、サウジアラビアとドバイを転戦。秋にはフランスに遠征し、現地で初勝利も挙げた。

JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補の画像2
藤田菜七子騎手

 そんな坂井騎手の姿に「ホントにカッコいい」という賛辞を送ったのが、同期の藤田菜七子騎手だ。

 17日に『netkeiba.com』でスタートした藤田騎手の短期連載「もっと強く。」で、行ってみたい国を聞かれた同騎手は「オーストラリアとかニュージーランド」と、回答。そして、「瑠星からもよく話を聞きますが、南半球は女性ジョッキーがたくさんいる環境ですし、ヨーロッパに比べれば、日本の競馬に近いのかなとも思う」と持論を述べ、世界を飛び回る坂井騎手の姿に前出の「ホントにカッコいい」という言葉が飛び出したというわけだ。

 今年は開催6日間で早くも5勝をマーク。先週の愛知杯(G3)ではマリアエレーナをアタマ差の2着に導くなど、既に昨年以上の活躍を予感させている坂井騎手。だが、著しい活躍をしている一方で、G1は未だ未勝利だ。

 そんな坂井騎手にとってG1初勝利を狙えそうな楽しみな存在がいる。それが、来月5日のエルフィンS(L)で騎乗予定のルージュラテール(牝3歳、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

 前走の白菊賞(1勝クラス)で初めてコンビを組むと、想定外の後方からの競馬になったにもかかわらず、直線一気の豪快な差し切り勝ちを収めた。その後は中1週で阪神JF(G1)に向かうプランもあったが、陣営は無理をせず回避。前走後はノーザンファームしがらきで英気を養い、20日に栗東へ帰厩した。

 前走から約2か月間、ルージュラテール自身は一度も走っていない。にもかかわらず、同馬の評価は急上昇しているという。

「もし阪神JFに出走していても、いい勝負を演じていたかもしれません。というのも、これまでルージュラテールが戦ってきた相手が、次々と重賞や1勝クラスで結果を残しているからです。

元JRA騎手の安藤勝己氏が『G1級が何頭かおって、ゆくゆく伝説の…ってなるかもしれないよ』と、ツイートしたのが昨年6月の新馬戦直前でした。そのレースで2着だったのがルージュラテールです。この時1着だったダノンスコーピオンは、後に朝日杯FS(G1)で3着に好走しました。

ルージュラテールは2戦目の新潟未勝利戦で勝ち上がりましたが、この時1.3/4馬身差の2着だったのがソリタリオでした。同馬はその後2連勝して、今月のシンザン記念(G3)で2着に食い込んでいます。

3戦目のアイビーS(L)で6着に敗れましたが、牡馬相手で仕方なかったと思います。勝ったドウデュースは朝日杯FSを制覇し、3着馬アスクビクターモアはその後1勝クラスを突破しています。

ここまでルージュラテールが先着を許したのは、牡馬のみ。未だに牝馬相手に先着を許していませんから、次走のエルフィンSでは上位争いが期待できそうです」(競馬誌ライター)

 坂井騎手とのコンビで迎えるエルフィンSは3歳牝馬にとって出世レースの1つ。2年前には松山弘平騎手とデアリングタクトがこのレースを勝利すると、その後は無敗で牝馬三冠に輝いた。

 同期の藤田騎手も熱い視線を送る坂井騎手は、2年前の松山騎手と同じ道をたどれるか。そして相棒のルージュラテールは“自らの力”でその評価を引き上げ、桜花賞の有力候補に名乗りを上げられるだろうか。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  3. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  4. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  5. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  6. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  7. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  8. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に