GJ > 競馬ニュース > 金子真人氏に高まるAJCC(G2)、東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?
NEW

JRA金子真人氏に高まるAJCC(G2)東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?

JRA金子真人氏に高まるAJCC(G2)、東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?の画像1
ワグネリアン

 今年1月5日、2018年の日本ダービー(G1)などを勝利したワグネリアンが突如、この世を去った。

 福永祐一騎手に初のダービー勝利をもたらした同馬は、多くのファンに愛される存在だった。現役中の死という、早すぎる別れにファンや競馬関係者も悲しみに包まれた。そして、愛馬を突然失った金子真人オーナー(名義は金子真人ホールディングス)の悲しみは察するに余りあるものだろう。

 そんな、ワグネリアンの死から間もない、先週15日。中京競馬場で行われた愛知杯(G3)で、金子オーナー所有のルビーカサブランカが武豊騎手を背に勝利。さらに2着にも同馬主所有のマリアエレーナが入り、ワンツーフィニッシュを決めた。愛馬が去った直後で、何とか勝利をという思いがあったであろう、オーナー、そして武豊騎手の思いが実った勝利だった。

 しかし、それだけでは終わらないのが、この金子オーナーの凄さだ。翌日16日には同じく中京で行われた日経新春杯(G2)を所有馬のヨーホーレイクが勝利。急逝したワグネリアンへの追悼と言わんばかりに、2日連続の重賞勝利となった。

 そして、今週行われる重賞レースにも、金子オーナーの所有馬がこぞって出走を予定している。

 23日に中山で行われるアメリカジョッキークラブC(G2、以下AJCC)にボッケリーニとポタジェが、同日中京で行われる東海S(G2)には、グレートタイムとハヤヤッコが出走を予定。同日に4頭を重賞に送り出す。

JRA金子真人氏に高まるAJCC(G2)、東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?の画像2
ポタジェ

 中でもAJCCに出走するポタジェは、2走前の毎日王冠(G2)でシュネルマイスター、ダノンキングリーのG1馬2頭と接戦を演じ、前走の天皇賞・秋(G1)でも6着と善戦。ここでは実績上位で、勝機は十分にありそうだ。また東海Sに出走する2頭もオープンクラスでは安定した成績を残しており、上位を狙える位置にいる。

 金子オーナーといえば、稀代の名馬ディープインパクトやキングカメハメハ、クロフネなどのオーナーとして広く認知されている。その他にも、歴代最多のダービー4勝や、白毛馬ソダシでのG1勝利。また、自身が現役時代に所有した種牡馬と繁殖牝馬を配合し、生まれてきた馬を自身で所有するという、まさにオーナーブリーダーの鑑といえる存在だ。

 若くしてこの世を去ったダービー馬ワグネリアン。その愛馬が亡くなった直後に重賞を連勝するのは、数々の豪運伝説を持つ金子オーナーならではのドラマといえるだろう。今週末、2週連続で重賞勝利という“第2話”があっても、まったく驚けない。

(文=椎名佳祐)

<著者プロフィール>
 ディープインパクトの菊花賞を現地観戦し競馬にのめり込む。馬券はアドマイヤジャパン単勝勝負で直線は卒倒した。平日は地方、週末は中央競馬と競馬漬けの日々を送る。

JRA金子真人氏に高まるAJCC(G2)東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  4. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」