GJ > 競馬ニュース > 武豊、ルメール、川田、福永ら「神7」は必要なし!? 3年連続リーディングへ最強調教師の進撃
NEW

武豊、ルメール、川田、福永ら「神7」は用なし!? 3年連続リーディングへ「最強調教師」の本領発揮

【この記事のキーワード】, ,
武豊、ルメール、川田、福永ら「神7」は必要なし!? 3年連続リーディングへ最強調教師の進撃の画像1
撮影:Ruriko.I

「信は力なり――」

 ドラマ『スクールウォーズ』のモデルになった、元伏見工業高等学校ラグビー部総監督の山口良治さんの言葉としても知られる名言だが、この言葉を『東スポ競馬』のコラムで「自分の最も大事な部分」と語っているのが、JRAの矢作芳人調教師だ。実際にサンスポで長く、同タイトルのコラムを執筆している。

 この16日、5戦3勝と好調の波に乗ってきた矢作厩舎。勝率1割台なら一流といわれる調教師としては破格の結果である。これで今年の通算勝利を31とし、トップの池江泰寿厩舎とはわずか3勝差。3年連続の調教師リーディング獲得が、いよいよ現実味を帯びてきた。

 超名門校として知られる開成高校を卒業したものの、幾度となく調教師試験に落ちながらも今の地位を築いた苦労人。昨年、米ブリーダーズCで2勝(ディスタフ、フィリー&メアターフ)を挙げるなど、今や「世界の矢作」として知られる日本を代表するホースマンにまで上り詰めた。

武豊、ルメール、川田、福永ら「神7」は必要なし!? 3年連続リーディングへ最強調教師の進撃の画像2
坂井瑠星騎手

 そんな矢作調教師だが、特筆すべきは毎年リーディングを争いながらも坂井瑠星騎手、古川奈穂騎手といった2人の弟子を育てている点だ。実際に先述したこの日の3勝も、すべて厩舎に所属する2人が挙げたものである。

 横山武史騎手や和生騎手、岩田望来騎手などの2世ジョッキーを中心に、最近になってようやくリーディング上位陣にフレッシュな顔ぶれが名を連ねるようになったジョッキー界。だが、一時は5年連続リーディングのC.ルメール騎手を筆頭に川田将雅騎手、福永祐一騎手、武豊騎手、戸崎圭太騎手などがAKB48の総選挙にちなんで「神7」と呼ばれるなど、トップ層は長く固定されたメンバーだった。

 逆に言えば、それだけ新人騎手が独り立ちするのは難しいということだ。また馬主から数千万、数億円という馬を託される各厩舎にも、新人を育てているような余裕がなかったともいえる。

2人の弟子を育てながらのリーディング獲得

 

 そんな中、矢作調教師は極めて異質の存在といえるだろう。いや、積極的に新人を起用しながらも成績を落とさないのだから「常識の上を行く」と称すべきなのかもしれない。

 実際に坂井騎手が矢作厩舎の所属騎手としてデビューした2016年以来、1年の大半を豪州で武者修行した2018年を除けば、今年も含めて6年連続で最多の騎乗機会が与えられている。昨年からは古川奈騎手が“2番弟子”として加わったが、やはり坂井騎手に次ぐ非常に多くの騎乗機会を与えられている。

 その一方で、矢作厩舎がルメール騎手や川田騎手ら「神7」を起用する機会はほとんどない。

 普通、こんな騎手起用をすれば、厩舎の成績が付いてくるわけがない。厩舎の成績が落ちれば当然、厩務員らそこで働くスタッフの収入も減る。つまり、これだけを見れば、まさに調教師の「エゴ」と言わざるを得ないのだ。

 しかし、これで現在2年連続のリーディングを獲得しているのが矢作芳人である。

 例えば、今年(16日現在)は厩舎全体で291回の出走の内、坂井騎手が91回で古川奈騎手が70回と、この2人が断トツの騎乗機会を得ている。

 一方、武豊騎手が4回、川田騎手が3回、福永騎手と戸崎騎手が2回、ルメール騎手に至っては騎乗機会なしとトップジョッキーへの依頼はほぼ皆無と言っても過言ではない状況である。

「僕は人を信用する、信用したいというところから入る人間」

『東スポ競馬』のコラムでそう語っている矢作調教師は、まさに「信は力なり」を体現している人物と言えるだろう。現在、坂井騎手がリーディング7位に名を連ね、古川奈騎手も早くも昨年の7勝を上回っている。この成績は、本人たちの努力も然ることながらも、同時に師匠の実績ともいえるはずだ。

 自分の信念を貫くことは、実はそう難しくはない。しかし、そうしながら結果も残して周囲を納得させるのは、まさに一握りの人間にしかできない偉業だ。

(文=銀シャリ松岡)

<著者プロフィール>
 天下一品と唐揚げ好きのこってりアラフォー世代。ジェニュインの皐月賞を見てから競馬にのめり込むという、ごく少数からの共感しか得られない地味な経歴を持つ。福山雅治と誕生日が同じというネタで、合コンで滑ったこと多数。良い物は良い、ダメなものはダメと切り込むGJに共感。好きな騎手は当然、松岡正海。

武豊、ルメール、川田、福永ら「神7」は用なし!? 3年連続リーディングへ「最強調教師」の本領発揮のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  7. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  8. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  9. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  10. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分