GJ > 競馬ニュース > 川田将雅「マスク警察」ぶりに外国人騎手もタジタジ!? 「ルメールを見下ろせるのは気持ちいい」「レジェンドの壁は厚い」いつもの“塩対応”が嘘のような2日間
NEW

JRA川田将雅「マスク警察」ぶりにトップ騎手もタジタジ!? 「ルメールを見下ろせるのは気持ちいい」「レジェンドの壁は厚い」まるで別人のような2日間

JRA川田将雅「マスク警察」ぶりに外国人騎手もタジタジ!? 「ルメールを見下ろせるのは気持ちいい」「レジェンドの壁は厚い」いつもの塩対応が嘘のような2日間の画像1
川田将雅騎手

「レジェンドの壁はとても分厚くて……」

 先週開催されたワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)の表彰式の一幕だ。川田将雅騎手が優勝した武豊騎手を称えた発言は、メディアが軒並み見出しにしたこともあり、競馬界きっての“堅物騎手”のウィットに富んだ一面を知る貴重な1ページになった。

「精一杯の競馬をしてくれたと思います」

 これは同日に行われたキーンランドC(G3)における川田騎手のコメントだ。1番人気のトウシンマカオで残念ながら4着に敗れたが、コメントはいつも通りシンプルそのもの。喜怒哀楽はもちろん、言葉の中にも「嬉しい」や「悔しい」など個人的な感情は一切出さず、端的でかつ的確な発言をすることで有名。それは今年の桜花賞(G1)やNHKマイルC(G1)といったG1勝利でも特に変わらなかった。

 そんな川田騎手だが、ことWASJの2日間は実に楽しそうだったという。

「JRA騎手もゲストの外国人ジョッキーも和気あいあいとした雰囲気でしたが、中でも川田騎手のリラックスした立ち振る舞いが印象的でした。以前から『このシリーズは騎手が主役というか、メインなので、素直に自分が喜んでいいレース』と話している通り、純粋にトップジョッキーたちとの共演を楽しんでいる様子でしたね。

普段はあくまで馬が主役なので、仕事としての役割に徹する余り、インタビューでも厳しい表情が多い川田騎手ですが、この2日間は積極的に外国人騎手ともコミュニケーションを取っていました。中でも英国のD.イーガン騎手とは、2018年夏の欧州遠征の際に同じ厩舎だったそうで何かと親身になっている様子でしたね。惜しくも優勝は武豊騎手に譲る格好になってしまいましたが、川田騎手にとっても充実した2日間だったのではないでしょうか」(競馬記者)

「ルメールを見下ろせるのは気持ちいい」

 実は川田騎手の優勝に終わった前回のWASJでも、表彰式の際に「こんな顔してますけど、すごく喜んでます(笑)」と彼なりに喜びを爆発させていた。

 さらに2位がリーディングを争うライバルのC.ルメール騎手だったこともあり「何より今、こう隣でルメールを見下ろせているというのは気持ちがいいです(笑)」と周囲の笑いも誘っている。普段のストイックな川田騎手からは、あまり想像できないワンシーンだ。

「最近の川田騎手と言えば“マスク警察”。WASJでも札幌に滞在しているJRAのジョッキーたちはもちろん、外国人騎手にもマスクの着用を徹底するように促すことで大忙しだったみたいですよ(笑)。あまり英語が上手くないのか、ジェスチャーを交えて通じないときには通訳さんを捕まえて注意することも。いつもより砕けている感じでしたが、やはりその辺りは真面目な川田騎手らしい一幕でした」(別の記者)

「最後のレースも外に(武豊騎手の)姿が見えたので『あっ、負けたな』と思いました」と本人が振り返っている通り、結果的には優勝には届かなかったものの総合2位と前回王者、そして現リーディングジョッキーの貫禄は示した川田騎手。

 WASJの選考基準には「前年度のMVJ受賞騎手」という項目があるが、来年はここに川田騎手の名が刻まれているかもしれない。

銀シャリ松岡

銀シャリ松岡

天下一品と唐揚げ好きのこってりアラフォー世代。ジェニュインの皐月賞を見てから競馬にのめり込むという、ごく少数からの共感しか得られない地味な経歴を持つ。福山雅治と誕生日が同じというネタで、合コンで滑ったこと多数。良い物は良い、ダメなものはダメと切り込むGJに共感。好きな騎手は当然、松岡正海。

JRA川田将雅「マスク警察」ぶりにトップ騎手もタジタジ!? 「ルメールを見下ろせるのは気持ちいい」「レジェンドの壁は厚い」まるで別人のような2日間のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」
  2. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  3. ドゥラメンテ産駒「ダート女王」がいよいよ戦列に復帰!「2度のすれ違い」を経て武豊と待望のコンビ実現へ
  4. 今村聖奈の「同期」がいよいよエンジン全開!? まさかの「全敗」スタートも攻めの姿勢で白星量産、関西名門と関係構築&開催リーディング奪取へ
  5. 「史上最高配当演出」武豊が大爆発した先週末…ウィルソンテソーロは乗り替わりに賛否両論、レベル疑問の決戦で「勝負気配」匂わせていたレジェンド
  6. 「13番人気の武豊は買い!」意外なデータで判明した天才騎手の攻略法。阪急杯もフェブラリーSに続く100万馬券?
  7. 関東圏ラストの新馬戦で「芦毛の怪物」の末裔がデビュー!「令和の時代に見られるとは感慨深い」上積み必至で今後も要注目?
  8. イクイノックス、ドウデュース倒した実力証明に最適?「ツイていない男」に状況が好転…栄冠つかんだ「思い出の舞台」で皐月賞馬に激走の予感
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA北村宏司「落馬重傷」の容態、そして全容……「騎乗停止」C.ルメール騎手だけでなく”連鎖”してしまったアクシデントの数々