GJ > 競馬ニュース > 【小倉2歳S(G3)予想】武豊重賞350勝目はこのレースかも!? 期待馬プロトポロスは切り!
NEW

【小倉2歳S(G3)予想】武豊重賞350勝目はこのレース!? 期待馬プロトポロスは切り!

【小倉2歳S(G3)予想】武豊重賞350勝目はこのレースかも!? 期待馬プロトポロスは切り!の画像1

 今回はローカルの2歳重賞を締めくくるスプリント戦、小倉2歳S(G3)を予想していく。

 まずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データのチェックだが、2歳戦なので臨戦過程にバリエーションがない。新馬戦が18頭、未勝利戦が5頭、フェニックス賞(OP)が4頭、函館2歳S(G3)・中京2歳S(OP)・ひまわり賞(OP)が各1頭となっている。

 続いて人気順の成績を見てみよう。
1番人気 2-3-0-5
2番人気 3-1-1-5
3番人気 3-1-1-5
4~6番人気 1-2-4-23
7~9番人気 0-1-4-25
10番人気以下 1-2-0-51
上位人気はそれなりに期待できる数字。特に近5年に絞ると3番人気が3勝2着1回と好成績を残している。上位人気だけで決まったのは過去10年で一度だけあるが、基本的には人気薄が跳梁跋扈しているような状況で、残された数字以上に中穴以下の馬が好走している。2歳戦なので比較検討が難しいところはあるが、検討可能なデータで取捨選択は必要だろう。


 これを踏まえて「◎」は1番ロンドンプランとする。

 前走は7月の小倉1200m新馬戦。3番手から直線で前に粘る馬を交わして2馬身差をつけて完勝している。

 今回のメンバーはこのレースと同条件で行われた新馬戦を経由して参戦している馬が多いが、その中では勝ちタイムが出色のもの。例年、このレースは良馬場なら1分8秒台前半から1分8秒を切るタイムで決着しているが、この馬の勝ちタイムは1分8秒2。十分重賞で通用するタイムである。また、ハナに立つ競馬ではなく前目から差しで勝っているのも好感が持てる。


「○」は6番メイショウヒュウガを挙げる。

 前走は8月の小倉1200m新馬戦で、出遅れながらも3番手につけて前を見る競馬。直線で前にいた馬を内から交わして抜けだし、勝利を飾った。

 この馬も◎のロンドンプランと同じ理由で、3番手から抜け出す競馬をしてきたこと、あと重馬場ながらロンドンプランが良馬場でマークした1分8秒2とコンマ1秒遅れただけの速いタイムで勝ち上がったことを評価しての○だ。上がりも34.2秒と重馬場とは思えない最速タイムをマークしており、良馬場になって高速馬場になったとしても対応可能と見ている。


「▲」は鞍上ともに人気しそうだが7番ミカッテヨンデイイを推す。

 前走はフェニックス賞。3番手につけて前をうかがう競馬で、直線前に残っていた馬を交わし、後続を断ち切って2馬身半差で完勝した。

 この馬については7月初頭の小倉1200m新馬戦でデビューするも3着、中2週で挑んだ同条件の未勝利戦でも3着となっており、未勝利状態で格上挑戦をした結果初勝利を挙げている。ちなみにフェニックス賞で初勝利は昨年の覇者、ナムラクレアと同パターンになる。

 曲がりなりにもオープン戦だったこともあろうが、勝ちタイムが1分7秒7と今回のメンバー中最速の時計をマークしている。3着に終わった新馬戦と未勝利戦でも1分8秒6と評価できるタイムで走破しているだけに、パフォーマンスの高さは折り紙付き。

 ただ、新馬戦では◎のロンドンプランに敗れているだけに、力関係で言えばこちらが一枚落ちになるのは仕方がないところ。とは言え、負けた2戦とも逃げ・先行有利な今の小倉で差す競馬を試みての敗戦だけに、このレースの傾向にはマッチするのではないかと考えている。

【小倉2歳S(G3)予想】武豊重賞350勝目はこのレース!? 期待馬プロトポロスは切り!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【有馬記念】池添謙一、川田将雅の「鞍替え」で明暗?大きな影響及ぼしたイクイノックス引退…浮き彫りになった「ルメールファースト」の舞台裏
  2. 「2戦無敗」G1挑戦も川田将雅にスイッチ…【有馬記念】イクイノックス引退で19年ぶり「秋古馬三冠」ならず…ディープインパクト×ブラックタイドの「インブリード」は?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【有馬記念】シャフリヤール「緊急登録」でますます豪華?武豊ドウデュースとタスティエーラでダービー馬の3世代対決も実現か…エフフォーリア不在を惜しむ声も
  4. 【阪神JF】永島まなみ「めちゃくちゃ悔しい」“踏み遅れ”で元相棒に惜敗…スイープトウショウ孫とG1初挑戦&前走の「リベンジ」へ!
  5. 「砂のグランプリ」に有馬記念に劣らない超強力メンバー集結!? ミックファイア、キングズソードら「4強対決」は実現するか
  6. 【有馬記念】ラストランのタイトルホルダーに追い風? 過去2敗でも今年は運も味方してくれるか
  7. 阪神JF『12番人気2着ウィルソンテソーロに続く注目穴馬』が出走。チャンピオンズCで12番人気を推せた理由とドリームチームのJFの決断
  8. 川田将雅、福永祐一も認める「大器晩成」、4連勝中ディープインパクト産駒がついに復帰!「G1挑戦」の妹に繋げたいバトン
  9. 【阪神JF】まさかの事態でC.ルメールをゲット! 歓喜のステレンボッシュ陣営は「アーモンドアイではなくアパパネの再現」を狙う!?
  10. C.ルメールが武豊らを全否定!? 「馬のことをわかっていない」国民的英雄ディープインパクトを破った「伝説の有馬記念」を語る