GJ > 競馬ニュース > ジャパンCの外国馬は凱旋門賞と裏返し…「適性自信」の陣営が突き付けた過酷な現実
NEW

ジャパンCの外国馬は凱旋門賞と裏返し…「適性自信」の陣営が突き付けた過酷な現実

【この記事のキーワード】, ,

ジャパンCの外国馬は凱旋門賞と裏返し…「適性自信」の陣営が突き付けた過酷な現実の画像1

 FIFAワールドカップ2022の開催で盛り上がっている毎日だが、今週末の東京競馬場では競馬のワールドカップともいえるジャパンC(G1)も行われる。

 コロナ禍の影響もあって、近年は外国馬の参戦が減少し、3年前にはレース史上初となる外国馬の出走がゼロという危機的状況も経験した。

 今年は、ニエル賞(仏G2)でドウデュースを破ったシムカミルをはじめ、パリ大賞(仏G1)を制したオネスト、バイエルン大賞(独G1)を楽勝したテュネス、昨年のジャパンCで5着のグランドグローリーなどが出走を予定。来日直前に故障が判明して引退が決まった凱旋門賞馬アルピニスタの回避は非常に残念だが、なかなかの好メンバーが揃ったといえよう。

 JRAも国際厩舎を新設して1着賞金の増額や対象レースの報奨金を設定するなど、外国馬の招致が功を奏したとはいえ、避けて通ることができないのは、やはり日本の馬場への適性だ。

「適性自信」の陣営が突き付けた過酷な現実

 エリザベス女王杯(G1)に出走したマジカルラグーンにしても、結果次第でジャパンCの続戦を視野に入れていたものの、レースでは何もできないまま最下位の18着に惨敗。レース前に欧州でも良馬場で速い時計の決着に対応していると自信を見せていた陣営だったが、想定外の惨敗で回避を決断したのだろう。

 これはアルピニスタにも同様の懸念がされていたことだ。既に適性がある程度分かっているグランドグローリーはともかく、それ以外の3頭も走ってみるまでは分からない。

 見せ場すら作れずにズルズルと後退したマジカルラグーンに対し、陣営は「馬場の悪化で力が出せなかった」と振り返ったが、仮に良馬場だったとしても好走をイメージできるような内容ではなかったように思う。それほど日本と欧州の馬場に違いがあるということなのだろう。

 勿論、このような話を議題に挙げたところで今更「何をかいわんや」であることだ。

 ジャパンCに出走した外国馬が2005年アルカセットの優勝を最後に、それから16年も勝利から遠ざかっており、同様に凱旋門賞(仏G1)で日本馬が苦戦していることも周知の事実。年々、高速化が進んでいるように感じられる日本の堅い馬場に外国馬が対応することは、競馬関係者が「まるで別競技」と例える欧州の馬場を克服するに等しい。逆もまた然りという訳だ。

 当事者のJRAもこちらについて、認識していないはずがない。表面的なテコ入れのみで解決できる問題でもないだろう。実現しなかったとはいえ、アルピニスタ陣営が出走に前向きだったことについては一定の評価が必要となるが、終わってみればジャパンCに出走する外国馬もマジカルラグーンの二の舞となる可能性は非常に高い。

 コロナ禍の静穏化という援護射撃があったものの、今年の結果次第では益々外国馬の参戦が減少するかもしれない。

黒井零

1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

ジャパンCの外国馬は凱旋門賞と裏返し…「適性自信」の陣営が突き付けた過酷な現実のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】