NEW

【京阪杯(G3)予想】今村聖奈「5キロ増」テイエムスパーダは自信の切り!

【この記事のキーワード】, ,

【京阪杯(G3)予想】今村聖奈「5キロ増」テイエムスパーダは自信の切り!の画像1

 今回は晩秋のスプリント重賞、京阪杯(G3)を予想していく。

 まずは過去10年、馬券に絡んだ31頭の前走データを見ていくことにしよう。このレースも昨年、一昨年と阪神1200mで開催されているが、大きな変化はなかったのでまとめて見ていくことにする。
スプリンターズS、スワンS、オパールS(L、OP) 各5頭
キーンランドC、京洛S(OP)、桂川S(3勝クラス) 各3頭
セントウルS 2頭
JBCスプリント 1頭
オープン特別 2頭
条件特別(3勝クラス) 2頭
となっている。スプリント重賞のせいか多彩なローテーションを歩んできた、という感じではなくかなり偏りがある。スプリンターズS組は巻き返しを狙った大敗馬が多く、スワンS組はマイルCS(G1)では長いとして、こちらに回った感じがある。基本は前走1400m以下で、マイル戦からの距離短縮馬はいない。

 続いて人気順の成績を見てみよう。
1番人気 1-3-0-6
2番人気 2-0-0-8
3番人気 1-3-0-6
4~6番人気 2-1-3-24
7~9番人気 2-1-1-26
10番人気以下 2-2-7-69
となっている。別定戦にもかかわらず上位人気がアテにしづらい。近5年で1番人気は2頭、2番人気は1頭、3番人気は3頭と来ていないわけではないが、軸として買うには心許ない。むしろ中穴や10番人気以下の超人気薄まで幅広く来るので、人気馬よりも人気薄の取捨を決める方が良さそうだ。


 これを踏まえて「◎」は10番サンライズオネストとする。

 前走はオパールS(L)。中団より前で控えていたが早めに動き出し、直線で粘る逃げ馬を捉えかけたところで、外から伸びてきた勝ち馬に交わされ2着に終わった。

 戦績を見ると好不調がはっきりしており、特に今年に入ってからは短いスパンで好走と凡走を繰り返している。ここ2戦は横山典弘騎手に乗り替わって好走が続いているので、ここでも引き続きチャンスがあるのではないかと見ている。

 前走、2走前はともに着を拾っているものの内容自体は完敗。しかし、前走は勝ち馬と斤量差が2kgあったことと稍重馬場が影響したと思われ、2走前についてはレコード決着だった上に勝ち馬との力量差が明らかだった。敗因は割とはっきりしているので、格落ちしたメンバーがそろった今回は3度目の好走を期待し、本命とした。

【京阪杯(G3)予想】今村聖奈「5キロ増」テイエムスパーダは自信の切り!の画像2
タイセイビジョン

「○」は人気サイドだが11番タイセイビジョンを挙げる。

 前走はスプリンターズS(G1)。いつものように後方待機策を採って進めたが、内で前にいる馬が極端に有利な馬場で、直線に入って伸びはしたものの13着に大敗した。

 以前も書いているが2歳から3歳春にかけては重賞2勝、朝日杯FS(G1)2着があるなど有力馬の一角を占めていたが、NHKマイルC(G1)で4着に敗れてミソがついたか、これ以降勝ち星がゼロ。ただ、今年春のリステッドを2着してから重賞を連続2着しており、復調気配にあったのは確か。前走の敗戦でどれほど影響が出るかといったところ。

 昨年のこのレースの2着馬ではあるが、今回は重賞連続2着が効いて斤量が1kg増の58kgとなっている。58kgは初体験なので懸念すべき点だが、まともであればそこも乗り越えて好走できるはず。期待値込みで押さえたい。

【京阪杯(G3)予想】今村聖奈「5キロ増」テイエムスパーダは自信の切り!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  2. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  3. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  4. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  5. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  6. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  7. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…
  8. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  9. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  10. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補