NEW

【クイーン賞(G3)展望】福永祐一×グランブリッジが中心!女王ショウナンナデシコの逆襲に期待

【クイーン賞(G3)展望】福永祐一×グランブリッジが中心!女王ショウナンナデシコの逆襲に期待の画像1
競馬つらつらより

 30日、船橋競馬場では牝馬限定のダート交流重賞・クイーン賞(G3)が開催される。中央では牝馬限定のダート戦が存在しないだけに、牝馬のダート巧者や来年に向けての路線変更を狙うJRAの牝馬と地方の牝馬たちの激突が見ものである。

 さっそく展望していくことにしよう。

 主役になりそうなのは、やはりJRA勢。中心になりそうなのがグランブリッジ(牝3、栗東・新谷功一厩舎)だ。

 昨年9月のデビュー戦以来、一貫してダートを使われてきたものの、初勝利を挙げたのは今年に入ってから。だが、そこから1勝クラスの3着を挟んで、3連勝で関東オークス(G2)とブリーダーズゴールドC(G3)をあっさり連覇。先日開催されたJBCレディスクラシック(G1)でも2番人気に推され、勝ちこそ逃したもののクビ差まで迫る2着に好走した。戴冠にもっとも近い存在だろう。

 そのJBCレディスクラシックで1番人気に推されながらも3着に敗れたショウナンナデシコ(牝5、栗東・須貝尚介厩舎)もこのレースに出走してくる。

 こちらは今年に入って重賞を7走し、4連勝をはじめすべて馬券に絡んだ。かしわ記念(G1)では牡馬を相手に逃げ切ってみせた。

 前走と2走前のレディスプレリュード(G2)でともに1番人気を裏切って3着に終わったことで、上記のグランブリッジに人気を譲っているが、実績で言えば今回のメンバーでは最上位だ。

【クイーン賞(G3)展望】福永祐一×グランブリッジが中心!女王ショウナンナデシコの逆襲に期待の画像2
ホウオウピースフル

 不気味なのは、ホウオウピースフル(牝5、美浦・大竹正博厩舎)の存在だ。

 18年の有馬記念(G1)を勝ったブラストワンピースの半妹という良血ということもあり、デビュー時から注目を浴びた。当時は芝を走り新馬戦、1勝クラスと連勝。フローラS(G2)で2着と活躍した。

 だが、1勝クラスで勝利した後2年8カ月の間勝ち星に見放され、函館で開催された巴賞(OP)でようやく3勝目。その後、苦戦が続いたがダート転向初戦がこのレースとなった。血統的には芝向きではあるが、同じオルフェーヴル産駒のギルデッドミラーが先日の武蔵野S(G3)で勝利したことを考えると、ダート転向で一変する可能性を秘めている。

【クイーン賞(G3)展望】福永祐一×グランブリッジが中心!女王ショウナンナデシコの逆襲に期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  2. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  3. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  4. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  5. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  6. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  7. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…
  8. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  9. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  10. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補